国内

ノーベル賞山中教授 家庭ではトイレ、風呂、床の掃除が担当

 iPS細胞の作製でノーベル医学生理学賞を受賞した山中伸弥・京都大学教授(50才)だが、研修医時代に臨床医としての限界を感じ、1989年に基礎医学へと進路変更したという経緯があった。すでに、結婚し、長女も誕生していた状況で、週末に病院勤務のアルバイトをしながら、平日に実験に明け暮れるという生活は、かなり厳しいものだった。

 そして、1991年には次女が誕生。知佳さんは、実家の両親、山中さんの母親の力も借りながら、山中さんの研究を支え続けた。山中さんは博士号を取得すると、今度は海外留学を決意する。カリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF)と連携しているグラッドストーン研究所での採用が決定し、1993年4月、家族を連れてアメリカに渡った。

「知佳さんは当時、勤務医でしたが、病院をやめて山中さんについていくことに迷いはないようでした。山中さんに負担をかけないようにするためもあるんでしょうが、アメリカでの生活が楽しみだと言っていたのを覚えています」(ふたりの友人)

 渡米後は<ほかの研究者の三倍は働いたと思います>と自伝『山中伸弥先生に、人生とiPS細胞について聞いてみた』(講談社)で語るほど、研究に没頭した山中さん。しかし、大学院生時代、昼は研究、夜や週末は仕事で、家族と共に過ごす時間がなかった山中さんにとって、アメリカでの生活は貴重なものだった。受賞会見でも、こう述べていた。

「アメリカでは、研究しているか家にいるかで、ほかのことは全然していません。研究以外の時間がずいぶんできて、子供の成長をともにすぐ横で見ることができました。子育てに携わることができたということが、研究でいろんなことがあっても子供の笑顔を見ることが私の支えでした」

 それは知佳さんにとっても嬉しい誤算だったのではないだろうか。日本では、家にも帰って来なかった夫が、子育てに参画、家事も手伝うようになったのだから。トイレ掃除や風呂掃除、床の拭き掃除が山中さんの担当になったのもこの頃のようだ。米国時代の恩師である、グラッドストーン研究所のロバート・マーレイ名誉所長は、山中夫妻についてこう話す。

「山中さんは知佳さんと2人の娘さんと4人で研究所に挨拶に来ました。知佳さんはご自身も勤務医だったが、夫の研究を側面支援するために一緒に来られた。チャーミングで聡明で、2人のお子さんも渡米と同時に現地の学校に通っていました。とても頭がよさそうなお子さんでしたね」

 米国での生活には、知佳さんの両親からの援助もあった。山中さんは先の会見でこう感謝していた。

「私の義理の父は医師でして、若い頃、私を留学させるために支えてくれました。しかし、今年早くに亡くなった。義理の父に報告できなかったことは残念ですが、25年以上前に亡くなった本当の父とともに、天国で喜んでくれていると思います」

※女性セブン2012年11月8日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

家族で食事を楽しんだ石原良純
石原良純「超高級イタリアン」で華麗なる一族ディナー「叩いてもホコリが出ない」視聴率男が貫く家族愛
女性セブン
【あと1敗で八冠陥落】藤井聡太八冠、「不調の原因はチェス」説 息抜きのつもりが没頭しすぎ? 「歯列矯正が影響」説も浮上
【あと1敗で八冠陥落】藤井聡太八冠、「不調の原因はチェス」説 息抜きのつもりが没頭しすぎ? 「歯列矯正が影響」説も浮上
女性セブン
歌手の一青窈を目撃
【圧巻の美脚】一青窈、路上で映える「ショーパン姿」歌手だけじゃない「演技力もすごい」なマルチスタイル
NEWSポストセブン
一時は食欲不振で食事もままならなかったという(4月、東京・清瀬市。時事通信フォト)
【紀子さまの義妹】下着ブランドオーナーが不妊治療について積極的に発信 センシティブな話題に宮内庁内では賛否も
女性セブン
5月場所は客席も活況だという
大相撲5月場所 溜席の着物美人は「本場所のたびに着物を新調」と明かす 注目集めた「アラブの石油王」スタイルの観客との接点は?
NEWSポストセブン
優勝トロフィーを手にしたガクテンソク
【THE SECOND優勝】ガクテンソクが振り返る「マシンガンズさんが自滅しはった」 昨年の“雪辱”を果たせた理由
NEWSポストセブン
亡くなった6歳の後藤鈴ちゃん(SNSより)。一家に何があったのか
《戸越銀座・母子4人死亡》被害者妻が明かしていた「大切な子どもへの思い」3日前に離婚したばかりの元夫は「育休取ってる」アピールも…家には「日中も窓にシャッター」の違和感
NEWSポストセブン
被害者の渡邉華蓮さん
《関西外大の女子大生を刺殺》「自宅前で出待ちされて悩んでいた」殺害された女性宅周辺で目撃されていた「怪しい男」抵抗されながら刺し続けた交際相手の強い殺意
NEWSポストセブン
死亡が確認されたシャニさん(SNSより)
《暴徒に唾を吐きかけられ…》ハマスに半裸で連行された22歳女性の母親が“残虐動画の拡散”を意義深く感じた「悲しい理由」
NEWSポストセブン
所属事務所は不倫を否定(時事通信フォト)
《星野源と新垣結衣が完全否定》「ネカフェ生活」NHK・林田理沙アナとの疑惑拡散の背景「事務所が異例の高速対応」をした理由
NEWSポストセブン
9月の誕生日で成年を迎えられる(4月、東京・町田市。写真/JMPA)
【悠仁さまの大学進学】幼稚園と高校は“別枠”で合格、受験競争を勝ち抜いた経験はゼロ 紀子さまが切望する「東京大学」は推薦枠拡大を検討中
女性セブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【初ロマンススクープ】杉咲花が若葉竜也と交際!自宅でお泊り 『アンメット』での共演を機に距離縮まる
女性セブン