国際情報

中国山西省で害虫大発生 農民暴動や日本への影響懸念される

 中国の華北地方で、この20年で最大規模の害虫被害が発生し、山西省では約5万7000ヘクタール、河北省では約8万ヘクタールもの農地で、コメやトウモロコシなど10数種の農作物に大きな被害が出ている。今後収穫が激減すれば、農民による大規模な騒乱の発生も懸念される。

 この害虫は蛾の一種のアワノメイガやアワヨトウの幼虫で、前者はとうもろこしの大害虫として世界的に有名。アワヨトウはイネ、イネ科牧草の害虫としてよく知られる。日本では1960年5~6月に島根県の安来市、斐川町などで大発生(2000ヘクタールで)した記録があるという。

 山西省や河北省の地元メディアの報道によると、アワノメイガの幼虫が6月下旬から7月初旬にかけて大発生し、100株のトウモロコシに2000~5000匹の害虫がトウモロコシなどに取り付いて、葉っぱや実を食べ尽くしている。

 農地に限らず、道や家の廻りなど至る所にアワヨトウも発生しており、農民らは農薬で駆除しようとしているが、農薬が井戸水などの飲料水に流入するなどの二次被害も出ており、地元政府も対応に苦慮している。

 一方、山西省や河北省の農村部では若者が農民工(出稼ぎ農民)として、都市部に働きに出ており、ほとんど例外なく、住民は年寄りと子どもたちだけであることも混乱に拍車をかけている。農薬の散布作業がはかどらないからだ。

 困ったことに今後もこれら害虫の発生が予想されている。アワノメイガは年2~3回、アワヨトウは年4回発生する。

 さらに、これらの被害は中国内のみならず、日本に飛来することでも知られている。特に日本海側の地域は注意が必要で、コメの害虫被害の多発が懸念される。

関連キーワード

トピックス

宇内アナと交際相手の男性
《腕組みラブラブ姿も》TBS宇内梨紗アナ、慶応卒「外資系イケメン」と半同棲&デート現場
NEWSポストセブン
牛丼を片手に、仲睦まじく歩く小出と女性
【独占ツーショット写真】小出恵介、30代セレブ美女とNYで結婚、夫婦でペットシッター業も開始
女性セブン
千鳥ノブがオークションで5時間も品定め
千鳥ノブ、アートに高い関心 現代アートのオークションに参加し5時間近く品定め
女性セブン
ガルバサムネ
【「お尻が見える」で有名に】13歳女子中学生に接客させて逮捕されたガールズバー経営者は「未成年集めるプロ」だった
NEWSポストセブン
問題となった動画(SNSより)
【独占続報】スシロー湯呑みペロペロ少年が高校を自主退学 近所では「畑仕事の手伝いもしてくれる素直な子」
女性セブン
渋谷容疑者と妻(2006年に行われた会見)
《逮捕の一夫多妻男》女性9人・子供3人の「生活費」はどうなっていた? 供出金1人8万円、マインドコントロールの末
NEWSポストセブン
グラミー賞を受賞した宅見将典さん。(c)getty images 、撮影・Benjo Arwas
宅見将典さんグラミー賞を西城秀樹さんの妻も祝福「心より誇らしく感涙してしまいました」
NEWSポストセブン
「ムカつくしね」ともコメント(YouTubeより。現在は削除済み)
「ムカつくしね」人気YouTuberが酷評したうどん店の店主80代女性が明かした謝罪の裏側
NEWSポストセブン
甘だれに醤油を入れる女性(SNSより)
【若い女性が調味料混入】スシローで今度は「甘ダレウィズソイソース」騒動 迷惑動画相次ぐ“TikTokとインスタの闇”
NEWSポストセブン
芸能界復帰へ期待の声が上がるほしのあき
ほしのあき“奇跡の45歳”でグラビア復帰へ期待の声 ママタレとしても高いニーズか
NEWSポストセブン
車で戻ってきた渋谷容疑者と女性(2006年1月撮影)
《一夫多妻男の手口》真っ暗な部屋でマインドコントロール、黒頭巾かぶり「性行為するしかない」「地獄から救う」
NEWSポストセブン
和久田麻由子アナ
和久田真由子アナ「4月復帰」は異例の早さ 昨年のNHKアナ「101人大異動」が影響か
NEWSポストセブン