• TOP
  • スポーツ
  • 中日の新人選手寮の料理長「実は名古屋飯はあまり人気ない」

スポーツ

2013.09.29 07:01  週刊ポスト

中日の新人選手寮の料理長「実は名古屋飯はあまり人気ない」

「いつもがっつり食べる」という中日・高橋周平選手

 プロ野球の新人選手たちのフレッシュパワーの源が、新人選手寮の「寮めし」だ。プロで大成するための身体作りの一環として何より大切な食事だが、そこで出されているのはどんなメニューなのか。それを探るべく、中日ドラゴンズの新人選手寮「昇竜館」(愛知県名古屋市)を訪ねた。

 取材当日のメニューにあったのは、赤味噌を使った名古屋めしの牛すじどて煮。「さすが名古屋の球団」と思いきや、伊藤公人料理長は「今日はたまたまなんです。選手はいろんな地方から来ているので、実は名古屋めしはあまり受けません……」と明かす。

 選手の間で絶大な人気を誇るのは、から揚げだ。毎回、下味や衣の厚さなどを工夫して味や舌触りに変化をもたせている。

 伊藤料理長は、全体的な栄養のバランスを考慮しつつも、選手全員が手を伸ばしてくれる料理をいつも心がけているという。

撮影■藤岡雅樹

※週刊ポスト2013年10月4日号

関連記事

トピックス