ライフ

凶が多いといわれる浅草寺のおみくじ 古来からの割合を厳守

 今年も初詣者数全国トップ5に入り、不動の人気を誇る東京・台東区の浅草寺。

「名もなき漁師がすくい揚げた観音像を、人々が信仰 篤く拝んだことが浅草寺の始まりです。以来、1400年近く、庶民の切実な祈りを聞き、心のよりどころとして愛され続けている寺なのです。観音様はもっとも慈悲深い仏様で、一心に拝めば苦を除き、喜びを与えてくださいます」

 そう語るのは、浅草寺の執事長の守山雄順さん。また、浅草寺のおみくじは凶が多いとの指摘もあるが、実際は?

「浅草寺のおみくじは、平安時代比叡山延暦寺の良源僧正が考案されたとされる伝統的なもの。古来、くじ100本中大吉17、吉35、半吉5、小吉4、末小吉3、末吉6、凶30と決まっており、浅草寺はこの割合を厳守しています。凶が出たら、“今は努力すべきとき”という観音様のアドバイスです。誠実に努めれば吉に転じます。辛抱して努力を重ねたら、再度おみくじを引いてみてください」(守山さん)

※女性セブン2014年2月27日号

関連キーワード

トピックス

愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
W杯に連続出場しているクリスチアーノ
ロナウドの2ショット(写真/Getty Images)
W杯で活躍するスター選手たち パートナーや家族とのゴージャスショット
女性セブン
スーパーセーブを見せてくれた権田選手(Sipa USA/時事通信フォト)
【W杯】日本の守護神・権田修一が「勝利直後」にカタールから日本の漫画家に送っていたメッセージ
NEWSポストセブン
上海のウルムチ路でデモは起こった
東京・新宿の「習近平退陣デモ」参加者が証言「日本に来てようやく中国共産党の恐ろしさを知った」
NEWSポストセブン
影山
すでに「やべっち超え」の声も なぜ影山優佳はサッカーファンに支持されるのか
NEWSポストセブン
みんなで応援(左から田中碧、鈴木愛理、鈴木亨。PAImages/時事、時事通信フォト)
スペイン戦決勝点・田中碧、鈴木愛理との交際にプロゴルファー父・鈴木亨も強力サポート
週刊ポスト
ハイタッチする人々
【W杯 渋谷の狂騒】スポーツバーではナンパ目的の大学生に「お前ら帰れや!」と怒号、試合後にはゴミ散乱
NEWSポストセブン
長井秀和が語る“芸能界と創価学会”「入信すれば仕事がもらえるほど甘くない」
長井秀和が語る“芸能界と創価学会”「入信すれば仕事がもらえるほど甘くない」
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
宮澤エマがスマイル
『鎌倉殿』実衣役の宮澤エマ 下積み時代も“宮澤喜一の孫”を売りにはしなかった
NEWSポストセブン