芸能

「はなまるアナ」庄司麻由里さん あがらずに話す秘訣とは

 今年3月に終了した『はなまるマーケット』に“はなまるアナ“として17年半番組に出演した庄司麻由里さん(52才)が、『はなまる』のなかで学んだ会話術を伝授。話すときに緊張してしまう場合はどうすればいいのか?

「よく、緊張しないで話すコツを教えてと言われるんですが、人前で話す時は、緊張して当たり前なんです。生放送をずっと続けてきた私だって、毎回頭の先からつま先までビリビリに緊張しています。ただ、緊張と、あがって何もわからなくなってしまうのは別。あがらない秘訣は、うなずく人を見つけて、その人に話をするようにすることですね」

 彼女にそれを教えてくれたのは、草野仁(70才)だった。

「私が初めてレギュラーでリポーターを務めた『朝のホットライン』(TBS系)のオーディションは、講堂みたいな階段教室で50人くらいスタッフが集まって行われたんですが、その威圧する空気に私、あがってしまったんです。でも、そこで最前列にいらした草野さんが、私の話すことに大きくうなずいてくださった。“あぁ、草野さんには通じてる! 草野さんにお話ししよう”と、安心して話すことができたんです。

 PTAや冠婚葬祭など人前でスピーチしなければならない時、まずうなずく人を探しましょう。事前に夫やママ友など誰かにうなずいてもらうようお願いしておくのもいいです。その人に向けて話すようにすれば、あがるのも最小限に抑えられるはずです」

※女性セブン2014年5月22日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

岩田絵里奈アナと結婚発表の水卜麻美アナ
日テレ・水卜麻美アナの電撃結婚の背景にあった「岩田絵里奈アナの“左遷人事”」
NEWSポストセブン
水卜麻美アナと電撃婚の中村倫也、「絶対に彼の良さは伝わる」事務所社長が信じ続けた俳優としての才能
水卜麻美アナと電撃婚の中村倫也、「絶対に彼の良さは伝わる」事務所社長が信じ続けた俳優としての才能
NEWSポストセブン
“体に入れるもの”にこだわっていた道端ジェシカ(時事通信フォト)
カエル毒、粘土を使って…道端ジェシカ容疑者「薬物逮捕」で注目される“特殊な健康志向”
週刊ポスト
不倫疑惑も報じられた篠田麻里子
《離婚成立》篠田麻里子、不倫疑惑で「地元福岡ドラマ」の出演が見送りになっていた 始球式務めたホークスとも離別
NEWSポストセブン
アナウンス力、ナレーション技術も高く評価される
中村倫也と電撃婚の水卜麻美アナ、ザワつかせた「結婚発表2週間前の号泣」ようやくわかったその胸中とは?
NEWSポストセブン
吉村洋文氏
吉村洋文・大阪府知事が春場所千秋楽の表彰式を「欠席」 公職選挙法との関係か、選管の見解は
NEWSポストセブン
10年前の襲名当時の香川と團子
香川照之の息子・團子がテレビデビューの可能性 “父の代わりに一門を食わす”覚悟
NEWSポストセブン
成人男性の体重が36.8キロになっていた(大津地裁)
【同居男性虐待事件】懲役24年の判決に“涙なき”嗚咽の被告女性「被害男性にゴキブリの足を食べさせていた」
NEWSポストセブン
卒業アルバムも合成や加工が当たり前に?(イメージ)
いまどきの卒業アルバム 合成、差し替え、加工まで何でもありの現実
NEWSポストセブン
明菜
中森明菜が突如コメント「バカ殿」志村けんさんとのこと「どれだけダメ出しされても大丈夫」のアドバイスも
NEWSポストセブン
当時、唐橋は交際について「そっと見守ってください!」とコメント(2018年10月撮影)
《メガネを外した貴重シーン》唐橋ユミが表情トロン、結婚相手の映画監督とラブラブデート現場
NEWSポストセブン
体罰のニュースが今も続いている(イメージ)
なくならないスポーツ界の体罰 必要悪だと思う人が多かった背景
NEWSポストセブン