ビジネス

麦茶は隠れたヒット商品 30年間右肩上がりの増産が続く理由

一年を通して飲まれるようになった麦茶

 夏の飲み物といえば近年はフローズン系が話題だが、実際には麦茶を多く飲んでいるのではないだろうか。ネット掲示板「2ちゃんねる」で、暑くなると毎年「婆ちゃんが麦茶の量産体制に入った」というタイトルのスレッドが必ず立つように、麦茶には地味なイメージが強い。ところが、印象と異なり麦茶は何十年も生産量が増え続け、今年も前年比110~120%を生産している隠れたヒット商品でもある。

 全国麦茶工業協同組合の満留幸男専務理事は、昨夏の麦茶生産量が予想より伸びなかったため不安を感じていた。ところが、いつもなら消費が激減する秋から冬にかけて予想を上回る生産量が続き、春先も好調を維持。ゴールデンウィークの気温上昇と同時に生産量が増加し、今年度は前年比110%は確実だろうと見込んでいる。

「何十年も微増を繰り返してきた麦茶ですが、平成24年度の生産量が4万7500トンだったのに対し、平成25年は4万8900トンと予想を下回る増加量でした。とうとう麦茶も飽きられてしまったのかと不安でしたが、今年度は春先から好調です。6月中旬から雨が多く気温が下がったため心配していましたが、台風が過ぎてから暑い日が続いていますので、今年度は前年比110%で5万トンを超えそうです」(前出・満留さん)

 古くは平安時代にさかのぼることができると言われる麦茶が、庶民に広く飲まれるようになったのは江戸時代から。夏の夜は若い女性が売り子をする「麦湯屋」の屋台があらわれ、ともす明かりは明治のころまで東京の夏の風物詩だったという。

 屋台で買って飲んでいた麦湯が各家庭で夏の常備飲料となったのは、冷蔵庫が家庭に普及したことがきっかけだった。1965年に普及率が5割超、1971年に9割以上の家が冷蔵庫を持ったことで、真夏でも簡単に麦茶を冷やせる環境が整った。

 もうひとつ、麦茶が家庭の飲み物になったきっかけは、ティーバッグが開発され普及したことによる。ティーバッグの麦茶そのものは1965年から存在していたが、普及には十年ほどかかった。そして1980年にハウス食品が大手メーカーとして初めて麦茶に参入すると、水に入れるだけで作れる水出しタイプのティーバッグが定着した。今ではスーパーマーケットや量販店で販売される麦茶の多くがティーバッグタイプだ。

関連記事

トピックス

黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
なぜここまで打てなくなってしまったのか…(時事通信フォト)
巨人・小林誠司、6月の打率0割… 慢性的な打撃不振は「指導者に責任の一端」の指摘
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
NEWSポストセブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
台湾、日本で人気沸騰の林襄
台湾プロ野球の可愛すぎるチアリーダー・林襄 ダンス練習と読書を欠かさない努力家
週刊ポスト
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
『相棒』起用が発表された寺脇康文
寺脇康文の『相棒』再登板が示した「不仲説」のウソと“消えた”相棒候補たち
NEWSポストセブン
分裂抗争が最終局面に(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
「民間人の店も襲撃」 最終局面に突入した分裂抗争で六代目山口組が見せた意志
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン
小島瑠璃子の美ボディが話題になっている
小島瑠璃子 “破壊力抜群”水着ショット公開はレギュラー番組激減への反転攻勢か
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン