ビジネス

麦茶は隠れたヒット商品 30年間右肩上がりの増産が続く理由

 最近、消費が増えているのはペットボトル入り麦茶だ。昨年は伊藤園の「健康ミネラル麦茶」の年間累計販売が2000万ケースを記録して話題となった。また、2年連続で増産した茶系飲料生産量549万3200kl(前年比1.1%増)の内訳をみると、烏龍茶が71万1600kl(同4.2%減)、ブレンド茶が67万700kl(同1.1%減)、紅茶が 101万4200kl(同7.4%減)と落ち込んだ一方で麦茶が42万4500kl(同19.4%増)と全体を引き上げている(全国清涼飲料工業会調べ)。

 麦を加工する伝統的な食品であるしょうゆと味噌は生産量が減り続け、今後も減る一方とみられている。ところが、麦茶だけは1980年に3万4千トンだったのが、細かな増減を繰り返しながら現在では約5万トンまで増えている。家で料理をしなくなり、人口減少で食品メーカーはいずれも苦労するなか、昔と変わらぬ麦茶だけが今も日本の家庭で愛され続けている。

「27度を超えるとアイスクリームを食べたくなり、30度だとかき氷を食べたくなると言われますが、暑くなるほど最後に残るのは麦茶だろうと言われています。ノンカフェイン、ノンカロリー、ノンシュガーで子どもからお年寄り、妊婦さんも安心して飲める麦茶の良さが改めて注目されています。昨年暮れは冬でも前年比120%の生産が続き、通年で楽しむ方も増えつつあります。ホット麦茶はとても香りがよいので、ぜひ試してください」(前出・満留さん)

 麦茶には、抗酸化作用や胃の粘膜保護、血液をサラサラにするなどの機能があるとも言われている。婆ちゃんでなくとも、一年中、麦茶をつくり続ける家庭が増えていきそうだ。

関連記事

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
若い世代に邦ロックが流行している背景にTikTokの拡散力も(Getty Images)
邦ロックが再流行 Z世代に突き刺さる「TikTokの拡散力」と「エモい歌詞」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
シュガージャンキーから抜け出すためには
“シュガージャンキー”から抜け出すには?「抗酸化作用のある食材」を摂るのが重要
女性セブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン