ビジネス

エステ業界にミスマッチの構図 若者の「憧れ就活」は危険だ

 ブラック体質を指摘されるにもかかわらず、毎年多くの若者の人気を集める企業、業界がある。その理由について、作家で人材コンサルタントの常見陽平氏が考える。

 * * *
 今年のブラック企業問題関連でのトピックスと言えば、ブラックバイト問題、すき家問題、そして、たかの友梨ビューティクリニック問題です。それぞれ、過酷な労働環境、たかの友梨ビューティクリニックにおいては社長の暴言などが問題となりました。今回はたかの友梨ビューティクリニック問題にかぎらず、エステ業界は、なぜブラック企業化するのかという問題について考えてみたいと思います。エステ業界の企業=ブラック企業と断定するわけではありません。とはいえ、構造的な問題も大きいのではと思った次第です。 

 11月6日(木)に東京ウィメンズプラザにて「エステ業界 就職・転職支援セミナー」が開催されました。主催はエステ・ユニオン(ブラック企業対策ユニオン・エステ支部)です。私も講師として参加しました。

 当日、小規模のエステ企業の経営者の講演を聞く機会があったのですが、これが大変に勉強になりました。エステ業界の大手企業は過酷な労働環境が話題になるわけですが、とはいえ、それでも人が集まってしまうのはなぜでしょう?それは、エステ業界に憧れる人が、一定数いるからです。

 大手エステ企業は、いつも大量に募集を行っています。エステが好き、美容に興味があるという学生が、憧れから受けてくるという状況です。お客さんとして好きなのと、自分の仕事にするのは、また違うと思うのですが。大手の場合、毎年、本部が新人を一括して大量に採用し、各店舗に配属するのですが、現場の店長は新人の配属時に既にミスマッチを感じるのです。

 仕事が過酷であるが故に結果として、大量に離職し、小規模のサロンに移ったり、他業界に転職していきます。実にわかりやすい、ミスマッチの構図ですね。

 とはいえ、大手エステサロンにしがみつく人たちもいます。辞めようと思っても、大手で働いているというプライドや、福利厚生、社会保障の充実などから辞められないという人たちも一定数いるとのことです。

 ちなみに、私はベーシックな就職・転職の基礎知識、求人の探し方のレクチャーをしたのですが、改めて、求職者は基本的なノウハウを知らないということに気づいた次第です。参加者の反応で印象的だったのが、そもそも転職するという発想すら浮かばなかったということです。というのも、仕事が大変に忙しく、考えている暇もないとのこと。これもまた現実です。

関連キーワード

関連記事

トピックス

大谷翔平
大谷翔平、“引っ越さないまま”12億円新居売却へ フジと日テレの報道に激怒、不動産会社の情報管理体制にも不信感
女性セブン
愛子さま
愛子さまに“親衛隊”が誕生 “学習院卒業生かつ日赤関係者”による「日赤桜友会」が設立、親睦を深め“出会いの場”を提供
女性セブン
スポンサー企業とのアンバサダー契約が解除された形になった安藤美姫(共同通信)
《16歳教え子と手つなぎ報道で異変》安藤美姫、スポンサーのサイトから顔写真が消えた アンバサダー契約の企業は「契約期間満了でした」と回答
NEWSポストセブン
「徳洲会」創設者・徳田虎雄氏。86歳で亡くなった(時事通信フォト)
【追悼】徳田虎雄さん 原動力となった「医療に革命を起こそうとする意志」 戦友が明かす「手についたぎょうさんの傷」への思い
NEWSポストセブン
「日本学士院賞」の授賞式に登壇された雅子さま(撮影/雑誌協会代表取材)
天皇皇后両陛下、飽くなき“学びのお心” 日本学士院賞授賞式に登壇、「どういう資料を?」専門家に熱心にご質問
女性セブン
物議を醸した谷藤さんの「下着着替え」のアンサー動画
《チー牛さんは黙ってて》古着店の“下着から着替え動画”が物議 女性スタッフが明かした“見せる理由”「カルバン・クラインからお礼のメッセージが」
NEWSポストセブン
『GO HOME~警視庁身元不明人相談室~』(日本テレビ系)で主演を務める小芝風花(撮影/槇野翔太)
「27歳の今が踏ん張り時です」小芝風花が語った“役者キャリアの正念場”
NEWSポストセブン
傷害と傷害致死で逮捕された野中千宙容疑者
《0歳児 暴行死》逮捕の26歳ママは夜に夫と二人きりで出かけ… 児相が保護、「赤ちゃんと暮らしたい」と引き取ったのに「殴って床に投げた」鬼母の所業
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
《中村芝翫の“ハシゴ不倫”》三田寛子が築いた“父親ファーストの家族像”「お父さんだけおかずが豪華で…」スキャンダル後に長男が見せていた“母への気遣い”
NEWSポストセブン
『旅サラダ』卒業でレギュラーがなくなる名優の今後や“パートナー”が注目される
神田正輝、『旅サラダ』卒業でテレビ出演ゼロとなり“自由で穏やかな日々”へ パートナーとは同居せず“お互いの生活を尊重”
女性セブン
伊藤英明の育メン姿が目撃された
伊藤英明、毎朝満員電車で愛娘と登園するイクメンの顔 ママチャリで疾走する姿も近所の評判、アメリカ移住で深まった家族の絆
女性セブン
新居を売却
《フジ、日テレの新居報道騒動が新展開》大谷翔平、ロスの「12億円豪邸」を売却の意向「もうあそこには住めない」と怒りの決断か
女性セブン