スポーツ

錦織圭 ミスコン女子大生と焼肉後に高級ホテルで4時間過ごす

 12月上旬、拠点を置くアメリカ・フロリダへ戻る2日前。プロテニスプレーヤー・錦織圭(24才)は、速攻の“ラブゲーム”に興じていた──。

 今にも雨が降り出しそうな空模様の午後2時少し前、都内の高級ホテル近くに、黒いロングヘアをなびかせた女性が立っていた。手持ちぶさたな様子だったが、待ち人からメールが届いたのか、スマホの画面を眺めると笑顔がこぼれた。

 それから約3分後、彼女の前に現れたのが錦織だった。タクシーに乗り込んだふたりは、錦織のスマホを一緒に覗き込むなど仲むつまじい様子。そのまま10分ほどの場所にある焼肉店へと入っていった。

 路地裏にあるこの店の系列店は、食通で知られるアンジャッシュの渡部建(42才)をはじめ、錦織はもちろん、スポーツ選手や芸能人御用達の超人気店だ。

 この日、その店の個室に案内されたふたりは、早速“ダブルス”で焼肉デートを楽しみはじめた。

「女性は錦織さんのことを“圭ちゃん”と呼んで、一生懸命話しかけていましたね。錦織さんはその話を“うん、うん”ってじっくり聞いてあげてる感じでした。彼女は、各国を転戦して遠征の多い錦織さんに励ましのメールを送ってあげていたみたいです。錦織さんは“メールくれてありがとう。大変なときも嬉しかったよ”なんて言ってました」(居合わせた客)

 1時間ほどで食事を終えたふたりは、周囲を警戒してか時間差で店を出てきた。

 先に店を後にした錦織は、降り出した雨の中、傘もささずにウキウキした様子。スキップしながらタクシーに乗り込んだ。錦織に遅れること約5分、店から出てきた女性は錦織とは別のタクシーに乗り込むと、先ほどふたりが待ち合わせた場所近くの高級ホテルへと入っていった。

 そのまま、錦織と彼女はホテルでの“タイブレーク”に突入。滞在はおよそ4時間。夜7時過ぎ、ひとりホテルから出てきた女性は、そのまま東京近郊にある自宅へと帰っていった。

 この女性の正体は、都内の私立大学に通う女子大生(22才)。「高校時代から、美人で評判だった」と周囲の学生が話すように、大学1年生時には学内のミスコンにも出場した経験を持つ。現在は大学サッカーの応援マネジャーを務め、選手へのインタビューや試合会場でのイベント出演といった活動を行っている。

「錦織さんの小学校時代の親友が、彼女と同じ大学に通っていたんです。その人を通じて知り合ったそうですよ」(ふたりを知る人物)

 でも、錦織には新体操元日本代表で、北京五輪にも出場した坪井保菜美さん(25才)という“婚約者”がいたはずだが…。

※女性セブン2014年12月25日・2015年1月1日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

今後の作品にも期待が高まる(2022年12月、東京・千代田区。写真/宮内庁提供)
愛子さまの溢れる文才 小学校の卒業文集と中学1年で書かれた短編小説を全文掲載
NEWSポストセブン
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
NEWSポストセブン
Aさん(左)と逢瀬を重ねる桂雀々
上方落語の爆笑王・桂雀々に「所属事務所社長とW不倫」を直撃 「最高のパートナーなんです」
週刊ポスト
宮崎あおい
宮崎あおいシースルートップスから早着替えで「ママの顔」芸歴33年目の凄み
NEWSポストセブン
フォロワーは
【極寒のへそ出し写真】日本一のティックトッカー景井ひな「あり得ない私服姿」フォロワー1000万のど根性
NEWSポストセブン
三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
焼肉店を訪れた中川大志
【キュート写真公開】中川大志「おでこ全開で」庶民派過ぎる打ち上げ、橋本環奈も惚れるイノセントイケメン
NEWSポストセブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
2021年9月、夜の新宿区立大久保公園周辺。客を待っていた女性と付き添う私服捜査員(時事通信フォト)
街歩き動画が人気だが、一部の過激な配信者に追い詰められる人たちもいる
NEWSポストセブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン
いじめ事件で亡くなった
《旭川14歳女子中学生いじめ事件》ツイッターで遺族の母親を誹謗中傷したアカウント「きなこもち」を特定
NEWSポストセブン