国際情報

L.A.郊外が中国高官の愛人村化 地価は10年前の2倍に上昇

 自分の子どもに米国籍を取らせるため出産を米国でしようという中国の高官や富裕層向けに、米ロサンゼルスには中国人妊婦専用の宿泊施設「月子中心」が増えている。国際ノンフィクション『十三億分の一の男』(小学館)で中国共産党の核心を突く数多の国家機密を綴った朝日新聞記者・峯村健司氏が、「月子中心」と同様に増えている中国高官の「愛人村」について報告する。

 * * *
 月子中心から車を走らせること20分。丘の頂上部分を覆うように建っている薄いクリーム色の豪邸群が見えてきた。こちらも壁や守衛によって厳重にガードされている。先ほどの中国人夫妻に不動産屋経由で見学予約を入れてもらって、一緒にゲートをくぐった。

 敷地内を歩くと、カーテンは閉められたままの飾り気がほとんどない家がいくつかあった。そのうちの1軒の隣家に話を聞くと、

「あの家は、中国大陸から来たアルナイ(愛人)が住んでいるの。外出することはほとんどないけれど、週末には買い物に出かけているみたいね。顔を合わせても挨拶もしないし、なんか不気味な感じがするわ」

 女性は台湾出身の40歳。1997年にこの地に移住してきた。

「私たちがここに来た時と比べて、地価は2倍以上に上がったの。10年前から中国大陸からの移民が増えたからよ」

 不動産価格が上がることは、住民にとって悪いことではない。ただ、近所付き合いをほとんどせず素性がわからない愛人たちとの溝は深そうだ。

 隣のブロックで内装工事をしている家があった。作業中の内装業者に話をきいた。

「この家は、北京から来た役人が150万ドル(1億8000万円)で買ったんだ」

 リビングが20畳近くある、この家も、やはり愛人が一人で住んでいるという。

「女性が一人で暮らすには広すぎるだろう。愛人たちはほとんど英語ができないんだ。外出しても買い物するぐらい。いつ会えるかもわからない主人をひたすら待ち続けているわけだから可哀想な人たちだ」

 愛人村で見かけた女性は20代が中心で、モデルのような美貌を持っていた。北京特派員時代に中国の官僚から聞いた話では、「知人の紹介のほか、高級クラブの女性から愛人を見つける」という。彼女たちは農村出身者が少なくなく、学問とは縁遠い。半ば自由を奪われた状態で、言葉も通じない米国で暮らすことは幸せなのだろうか。

※SAPIO2015年4月号

関連キーワード

関連記事

トピックス

「選挙に強い」後継者は?(時事通信フォト)
安倍晋三・元首相の後継者の条件 選挙に強く、“担がれやすい資質”を持つ政治家
週刊ポスト
デザインした服は多くの芸能人にも愛された三宅一生さん(写真は2001年、時事通信フォト)
イッセイミヤケ、芸能人にもファン多数 美輪明宏、楠田枝里子…愛された理由 
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
最近は工場勤務だった山上容疑者(中学生の頃の容疑者。卒業アルバムより)
山上徹也容疑者の母親は会見で何を語るのか 伯父の家を出て「大阪の支援者」のもとで過ごす今
NEWSポストセブン
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
語学力抜群の小島瑠璃子
小島瑠璃子が中国留学を発表 語学レベルは「北京・清華大学も射程圏内」の驚異
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
姉妹でCMギャラに差も?(左から広瀬アリス、広瀬すず/時事通信フォト)
広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由
週刊ポスト
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
起用でも二転三転が目立ち、ファンから戸惑いの声(時事通信フォト)
最下位低迷の中日 立浪和義監督の采配に「目指す野球の方向性が見えない」の指摘
NEWSポストセブン