ライフ

戦争になると興奮状態に陥り正常な判断ができなくなる理由は

 人は戦争になると、なぜ、興奮状態に陥り、正常な判断ができなくなるのか。平時では考えられぬが、ごく普通の人々が殺人行為にまで及んでしまう。戦闘時における特殊な心理・生理状態を宗教哲学者の星川啓慈・大正大学教授が解説する。

 * * *
 戦闘状態におかれた人間がどうなるかについて、「脳」と「訓練」という観点から、考えてみたい。

 ディ=ベッカー(※注1)によれば、人間の脳には、生存のための「野生脳」と、理性的・論理的な思索のための「論理脳」とがある。論理脳をありがたがる人は多いが、反応が遅く、危機的な状況に陥ると、これはあまり役に立たない。

 善悪の判断にこだわるし、限界や規則を設けてそれに従いたがる。だが、野生脳は何ものにも従わず、何ものも考慮せず、必要とあればどんなことでもする。感情にも礼儀にも縛られない。野生脳の働きは非論理的に見えるかもしれないが、極限状況に適応するという点では、まったく論理的である。

 例えば、負傷した時のために、「コルチゾール」という血液の凝固速度をあげる物質の分泌量を増加させる。この野生脳が殺人のための訓練と結びつくと、どうなるだろうか。

 クレフェルト(※注2)は「戦争の歴史は訓練法の歴史と言ってよいほどだ」と述べるが、軍隊での訓練は、自分と同種である人間(敵)を殺すことへの本能的な抵抗感を克服するために発達してきた。

 グロスマン(※注3)によれば、「死にたくない」という生存本能も訓練によって克服される。だが、恐るべきは、殺人に対する抵抗感、つまり「生命は尊い」という人間的な感情や、いざという瞬間の自責や同情の念も、訓練によって克服し、抑え込むことができるという事実である。

 野生脳が最大限に活動し、訓練によって武器の使い方を習得しかつ殺人に対する抵抗がなくなったとき、人間はどのように行動するだろうか。これは、想像に難くない。だが、すべての人間がそうなるとは思えないし、戦闘が長期化すると兵士も変わってくるだろう。

トピックス

悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
はたして4630万円は返ってくるか(阿武町役場)
4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
韓国大統領・尹錫悦氏は大通りで通勤(写真/AFP=時事)
尹錫悦・韓国大統領へ北のテロ・襲撃懸念 公邸の移転で「大通り通勤」にリスク指摘
NEWSポストセブン
阿武町役場の広報担当が運営する公式YouTube
4630万円誤送金男性の弁護士、異例の顔出しNG 阿武町役場は「どのような方かわからない」、一部では「返金意志」報道も
NEWSポストセブン
2015年から着用している高級時計フランクミュラー。“師匠”志村けんさんも同時計を好んで着用していた
上島竜兵さん 志村さん、たけしら大物に愛された“子分力” 売れ続けた要因に
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン