• TOP
  • ライフ
  • 独身女性35才5年後既婚率10% 40才以降5年間での結婚は1%

ライフ

2015.04.11 07:00  女性セブン

独身女性35才5年後既婚率10% 40才以降5年間での結婚は1%

 女性の社会進出が進み、アラサー、アラフォーになっても結婚していない女性は一般的になってきた。ファションプロデューサーの植松晃士さんがそんなアラフォー女性の結婚について解説してくれました。

 * * *
 私は先日、衝撃的なデータを目にしてしまいました。平成22年の国勢調査の分析結果なのですが、全国で未婚の30才は全体の41.47%。過去のデータと照らし合わせると、確率的には現在30才の女性の約半分は、10年後も未婚のままなんですって。

 35才を過ぎると、5年後の既婚率は10%に。さらに40才を過ぎると、その後5年間で結婚する人はたったの1%だそうです。つまり、現在35才独身の10人に9人が40才になっても独身。40才なら、100人のうち99人が45才で独身のままということです。

 もちろん「結婚が女性の幸せのすべて」などと言うつもりは毛頭ありませんが、「婚活」という言葉が悲壮感を帯びつつ語られているのは、こんな厳しい現実があったからなんですね。

 実際、私の周囲にもいます。アラフォーにして、「結婚」という言葉をあえて口にしなくなった女性たちが。彼女たちに共通しているのは、ファッション的にも、精神的にも、「地味で、表現しがたい倦怠感に満ち満ちている」という点でしょうか。

「シンプルなファッションが好き」なのは理解できますが、アラサー過ぎての「シンプル」は、他人には「ただの地味」という印象しか残りません。

 私はこういうかたを見かけると、「まだお若いのに、どうしてそう老け込みたがるの? 華やかさに欠けるし、おしゃれじゃない!」という言葉をゴクリとのみ込みます。

 これに加えて、ヘアケアやネイルケアなどを怠っていたりすると、もう悲惨です。もしや、おへそまで覆ったオバさんパンツをはいている? などと余計なことまで想像させられます。

 そして「オンナを休業しているのに結婚したいだなんて、まぁずうずうしい!」と思ってしまうのは、私が小姑ぎみな性格だからでしょうか? でも実際、おしゃれを忘れた女性とおつきあいしたい男性なんて、ほとんどいないと思うのですが…。

 クジャクをご覧なさい。繁殖期にはきれいな羽を思いっきり広げて、一生懸命、メスを誘っているではないですか。人間だって動物ですから、それなりのエサをまく努力をしなければ、良縁をつかみ取ることなんてできないんです。
 
※女性セブン2015年4月23日号

関連記事

トピックス