ライフ

若者のヘッドホン難聴リスク増加 耳の老化予防策を医師解説

若者にヘッドホン難聴リスク

 今、多くの若者が『ヘッドホン難聴』になる恐れが指摘されている。『ヘッドホン難聴』とは、ヘッドホンやイヤホンを長時間使い続けることによって起こる難聴のこと。今年3月、WHO(世界保健機関)は、若者が難聴のリスクにさらされているとするリリースを発表。スマホや携帯電話の所持が世界的に拡大したことで音楽を聴く機会が増え、世界11億人の若者が難聴になる危険にさらされていると警鐘を鳴らしている。

 大きな音を聴くことによって難聴をきたすわけだが、難聴にもいくつかパターンがあるという。日本橋大河原クリニックの大河原大次院長が解説する。

「ひとつは昔からよく言われている『騒音性難聴』です。大きな音を聴き続けることで起こる難聴で、例えば工場や造船場、鉱山などで働いている人が、騒音に長期間さらされるうちに難聴を起こすなどがあります。最近では、飛行機の整備員や滑走路の係員、モータースポーツのピットクルーなどは、ノイズキャンセラのヘッドホンで騒音を防いでいますね。

 他には、急性に起こる難聴があります。『急性音響外傷』は、急激に大きな音が入ってくることで起こります。顕著な例は、昔はディスコ難聴と言いましたが、今でいうクラブやコンサートで大きな音が出るスピーカーの近くにいたり、近くで花火が打ち上げられるなど、急に大きな音が耳にドンと入ってくることによって聞こえにくくなることがあります」(大河原さん、以下「」内同)

『ヘッドホン難聴』で実際に多いのは、急に入る音というよりは、大きな音を聴き続けることで起こるパターンだという。

「若い人が楽しむロック系の音楽などは、大音響で聴く方が楽しいですよね。それでついついボリュームを上げやすいことから、若い人に難聴が起きやすい。同時に問題なのは、そういった大きな音を何か月も何年もずっと聴き続けることで、難聴になってしまうことです」

 難聴といっても、音が急に全く聞こえなくなることはほぼなく、聴力は徐々に失われていくという。本来、人間は約50Hz~1万Hzを聴く能力を持っているが、加齢とは別に、大きな音を聴き続けることで、4000Hzや8000 Hzなどの高い音を聴く神経から障害を受けていくと大河原さんは解説する。

「大きな音を聴き続けると、耳がワーンとしたり、耳鳴りがする経験は誰しもあると思います。それもある意味では小さな障害を受けています。多くの人は、それも最初のうちは収まりますが、聴き続けることで次第に収まらなくなってきます。進行すると4000 Hzが聴こえなくなり、さらに普段の会話レベルである2000Hzや1000Hzが悪くなり、普通に会話をしている時の音がだいたい500~2000Hzほどですから、日常生活に支障が出るほどに悪くなることがあります。徐々に悪くなるのが、この病気の怖いところです」

 難聴というと、大きな音を聴くことで鼓膜が破れると思われがちだが、そうではなく、音を感じる神経細胞がダメージを受けるのだという。

関連記事

トピックス

羽生結弦の元妻・末延麻裕子がテレビ出演
《離婚後初めて》羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんがTV生出演 饒舌なトークを披露も唯一口を閉ざした話題
女性セブン
古手川祐子
《独占》事実上の“引退状態”にある古手川祐子、娘が語る“意外な今”「気力も体力も衰えてしまったみたいで…」
女性セブン
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
女性セブン
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。  きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。 きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
NEWSポストセブン
今年の1月に50歳を迎えた高橋由美子
《高橋由美子が“抱えられて大泥酔”した歌舞伎町の夜》元正統派アイドルがしなだれ「はしご酒場放浪11時間」介抱する男
NEWSポストセブン
入社辞退者が続出しているいなば食品(HPより)
「礼を尽くさないと」いなば食品の社長は入社辞退者に“謝罪行脚”、担当者が明かした「怪文書リリース」が生まれた背景
NEWSポストセブン
STAP細胞騒動から10年
【全文公開】STAP細胞騒動の小保方晴子さん、昨年ひそかに結婚していた お相手は同い年の「最大の理解者」
女性セブン
入社辞退者が続出しているいなば食品(HPより)
いなば食品、入社辞退者が憤る内定後の『一般職採用です』告知「ボロ家」よりも許せなかったこと「待遇わからず」「想定していた働き方と全然違う」
NEWSポストセブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
逮捕された十枝内容疑者
《青森県七戸町で死体遺棄》愛車は「赤いチェイサー」逮捕の運送会社代表、親戚で愛人関係にある女性らと元従業員を……近隣住民が感じた「殺意」
NEWSポストセブン
ムキムキボディを披露した藤澤五月(Xより)
《ムキムキ筋肉美に思わぬ誤算》グラビア依頼殺到のロコ・ソラーレ藤澤五月選手「すべてお断り」の決断背景
NEWSポストセブン
大谷翔平を待ち受ける試練(Getty Images)
【全文公開】大谷翔平、ハワイで計画する25億円リゾート別荘は“規格外” 不動産売買を目的とした会社「デコピン社」の役員欄には真美子さんの名前なし
女性セブン