• TOP
  • スポーツ
  • 清宮幸太郎 1日2リットルの牛乳を飲み、最低おかわり3杯

スポーツ

2015.08.20 16:00  女性セブン

清宮幸太郎 1日2リットルの牛乳を飲み、最低おかわり3杯

 夏の甲子園大会の準決勝で敗れたが、早稲田実業の1年生・清宮幸太郎くん(16才)の活躍と人気は凄まじいものだった。その大フィーバーゆえに、清宮くんは、あらぬトラブルを避けるため、大会期間中、練習や試合以外での外出は基本的に禁止されていたようだ。

「ホテルのすぐ隣にコンビニがあるんですけど、他の選手はカップ麺や菓子類をよく買っていくんです。育ち盛りですからね。でも清宮くんは、両親からそういった間食を一切禁じられた生活をしてきましたから、相部屋の仲間が買ってきたものも決してもらって食べたりすることはないそうです」(全国紙記者)

 清宮くんが滞在中、偶然にも同ホテルに滞在していた女性がこう話す。

「チームメートが話しているのをたまたま聞いちゃったんだけど、清宮くん、部屋ではテレビに夢中になっているみたいよ。彼ね、文武両道の英才教育を受けてきたから、自宅に帰ったらジムでトレーニングして、ご飯食べて、素振りを2時間して、それからお風呂入ったりしてお勉強もしなくちゃいけないから、テレビなんか見てる時間がないのね。だからテレビがもの珍しいんじゃない? バラエティー番組が好きみたいで、テレビに向かってツッコミをいれながら、ず~っとしゃべり続けているそうよ」

 ちなみに日課の2時間素振りは、ホテルでも行っているそう。

「周りからしてみると、練習して試合してほっと一息つけるのがホテル。そのホテルでも素振りをするなんて、えっ! って感じみたいですが、本人はどこ吹く風。そりゃそうですよね。毎日やってきたことなんですから」(前出・スポーツ紙関係者)

 清宮くんと寝食をともにしている人たちが、彼の生活についてまず話すのが1日に飲む牛乳の量。2リットル以上を欠かさないというのだ。

「ホテルの入り口にはアリナミンやOS1のような水分補給飲料水が置かれているんですが、清宮くんはとにかく牛乳を飲んでいるんですって。朝食も夕食も、牛乳がおとも。間食をしないからご飯はいつも最低お茶碗3杯はおかわりするそうですよ」(前出・全国紙記者)

※女性セブン2015年9月3日号

関連記事

トピックス