• TOP
  • ライフ
  • 同窓会で魅力的なのは、実情はともかく幸せそうな笑顔の人

ライフ

2015.08.25 07:00  女性セブン

同窓会で魅力的なのは、実情はともかく幸せそうな笑顔の人

 夏休みの帰省中に同窓会という人も中にはいるだろう。そんな時、魅力的に見える人とは? ファッションプロデューサーの植松晃士さんが50才オーバーの同窓会事情を語る。

 * * *
 皆さま、ご機嫌よう!

 お盆を迎えた先日は、夏休みだった人も多いのではないでしょうか。夏休みといえば帰省、同窓会のシーズンです。

 以前に今や“日本の女性の半分は50才以上”というお話をいたしました。つまりアラフィフ女性こそ、日本のど真ん中。同窓会のいちばんの話題といえば、やはり“オンナの人生下克上物語”に尽きますよね。

 今回は、お友達から聞いた、今時の同窓会事情をお話しします。

 下克上物語、その1。女学生の頃はスカートを長くして(当時のトレンドでした)、鞄をぺちゃんこにしてイキがっていた劣等生が、地方の政治家の奥様として登場。

「コンサバなパステルカラーのスーツに身を包み、やたら腰が低くなって、同級生相手に少なくとも100回は頭を下げてたわね」ですって。幸せなのか不幸なのか、判別つかない状態だったそうです。

 その2。永遠の少女のごとく、清純なおさげ髪だった少女が、「バツ2で、現在は18才年下の俳優志望と同棲中。しかも、きっかけはネットの出会い系サイト」と、最新のイケイケ女性に変貌していたとか。

 その3。地味キャラだったマンガ同好会部長は、影の薄い人を通り越して、黒子キャラに。

「存在自体がまっくろくろすけ化して、めいっぱい着飾った同窓生の中で、ひときわ不気味なオーラを放っていた」 などなど女友達の同窓会報告話はまるでお芝居のようです。

「離婚活動中で~す!」と明るく自己紹介する数名に対して、周囲は「い~わね~。次の人は見つかったの?」と、祝福ムードいっぱい、なんてシーンもあったそうで世の中、いろんな意味で、他人の人生に優しい目を向けるようになったんですね。

 そして彼女は、「見た目の幸せ度数は、少女時代の美醜に比例してなかった」と同窓会報告を締めくくりました。

 全員がオバさんの同窓会で、もっとも魅力的に見えるのは、幸せそうな笑顔を身につけてる人です。

 もちろん、笑顔に隠れた実情は誰もわかりませんよ。でも、幸せそうなキャラという仮面を手に入れた人が素敵に見えるのは、れっきとした事実で、これは年齢を重ねるほど強固になると、私は思うのです。

※女性セブン2015年9月3日号

関連記事

トピックス