芸能

タモリカップのBBQ 3000人分のタレはタモリが自分で作る

「もう慣れちゃったけど、最初は作るのが大変だったよ」

 今年の8月で70歳を迎えたタモリ。全盛期は週7~8本のレギュラー番組に出演していたが、現在は3本に絞って趣味を満喫する日々だという。ヨットもそのひとつで、毎年恒例の『タモリカップ』は今年で7年目となった。

「減る一方のヨット人口を増やしたいから始めたなんて自分ではいってますけど、本音は周りにこき使える若い連中を集めたかったから(笑い)。若い奴らがいなくて困っていたんです。50歳のオジサンに『ビール買ってこい』とはいえんでしょう」

 9月11日、場所は横浜のホテルの厨房。翌日のレース後のパーティで振る舞うバーベキューのタレを自ら仕込むのも恒例で、この日は3000人分のタレを調理しながら嬉しそうに笑った。

「九州産のとろみのある醤油とすりおろしたリンゴと玉ねぎをじっくり煮込みます。隠し味に味噌を加えるのがポイントなんです。こればっかりは誰にも任せられませんね」

 静岡・沼津港で行なわれた第1回『タモリカップ』に参加したヨットはわずか28艇。しかし、今年は7月の富山大会、8月の福岡大会、9月の横浜大会と3会場で開催した。

「全部合わせると400艇以上ですから、間違いなく日本最大のヨットレースですよ」

 だが、『タモリカップ』は「タレント・タモリ」のビジネス活動ではなく、あくまで「タモリである森田一義」が主宰するプライベートのイベントだ。

「規模は大きくなったんですが、残念ながら若い連中はまだ少ないね。厳しい上下関係が嫌で、誰かの下について学ぶという風潮がなくなったんでしょう。大学の山岳部が次々なくなって、冒険部がレジャー部みたいになっている。遊びってのは仕事じゃないんだから、ダラダラしてちゃダメなんですよ。真面目に、厳しく遊ばないとね(笑い)」

 今後は、日本を陽気で明るいラテン文化大国にするため、サルサ音楽を広めたいと意気込む。古希にして、なお意気軒高。面白いことを仕掛けようという野心は尽きないのだ。

取材・文■末並俊司 撮影■石塚雅人

※週刊ポスト2015年10月9日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

「体力的、筋力的に落ちている」と発表
中居正広が休養期間を延長 想定外の長時間だった手術と独立後に抱えていたストレス
女性セブン
芸能界にもギャラ飲みを活発に行う女子たちがいるという(写真はイメージ/AFLO)
国民的アイドルOBやグラドルも参加 国税が「ギャラ飲みにメス」で震える芸能人たち
NEWSポストセブン
大久保で買ったというペアルックのスタジャン姿の、坂口杏里(左)と進一さん
坂口杏里、“睡眠薬横流し疑惑”を完全否定「家のどこかに置いたままです」
NEWSポストセブン
少なくない額の借金もあった志垣さん
志垣太郎さん 数千万円単位の借金、『半沢直樹』降板騒動…苦しみの晩年
女性セブン
保育園園長を刑事告発した裾野市の村田悠市長(時事通信フォト)
《園児虐待で3人逮捕》土下座の保育園園長は地元の名家出身 母親は「関係ありません」
NEWSポストセブン
山崎静代と婚約相手
「南海キャンディーズ」しずちゃん(43)が結婚宣言、お相手は4歳年上で「R-1グランプリ」出場の紙芝居詩人
NEWSポストセブン
K
globe・KEIKOが新曲発表へ 小室哲哉がレコーディングに参加も“共演NG”状態
女性セブン
なぜ選手個人のアカウントに批判コメントを投稿するのか(写真前列左から2人目が吉田選手。Getty Images)
森保一監督、選手に求めた自己犠牲の精神 主張の強い海外組をまとめた「交際術」
女性セブン
笑顔で“ファン”に対応をした土屋太鳳
土屋太鳳『あぶない刑事』ロケ撮影後にファンから“一般人”扱いされるも笑顔の神対応
週刊ポスト
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
3月に亡くなっていた志垣太郎さん
稀代の名俳優・志垣太郎さん急逝の裏にあった番組降板、プライベートのトラブル
NEWSポストセブン