スポーツ

プロ野球ドラフト会議 「隠し玉多いのは日本」と米スカウト

 今週22日にプロ野球ドラフト会議が行われる。甲子園で人気者だったオコエ瑠偉選手がどの球団に何位で指名されるのかなど、興味は尽きない。一方、海の向こうのメジャーではドラフトはどのように行われいるのか。日本となにが違うのか、メジャー球団のスカウトA氏にインタビューした。(取材・文=フリーライター・神田憲行)

 * * *
--メジャーのドラフト会議はいつごろ行われて、何人ぐらい指名されるんですか。

A氏:6月に行われて、1球団当たりだいたい50人くらい指名します。ただその全ての選手が入団するわけではありません。アメリカは4年制大学なら2年生から指名できるので(神田注・日本はできない)、入団交渉がまとまらないとそのまま大学に残る選手もけっこういるんです。だから球団も『ダメモトで指名して交渉してみようか』みたいな指名もあります。指名したほとんどの選手が入団する日本とはそこがまず違いますね。

--アメリカはメジャーだけでなくマイナー球団もあるので、1球団だけでかなりの数が入団するんですね。

A氏:ドラフト指名の選手は全てマイナー契約から始まり、いきなりのメジャー契約はありません。これは最近ルールが変わったところです。

--すると日本のようにルーキーが開幕即1軍みたいな話はない?

A氏:いえ理論上は可能ですよ。マイナーで契約して改めてメジャーに昇格させるとか。ただアメリカはひとりの選手を契約中に3回メジャーからマイナーに落とすと自由契約にしなければならないというルールがあるんです。日本だと1軍と2軍を行ったり来たりするのはよくありますけれど、メジャーはいったん昇格させるとマイナーに落とす判断は簡単ではありません。日本は新人を短期間昇格させて、『若い選手に1軍の空気を経験させる』みたいなことをしますが、アメリカは昇格させた以上は戦力扱いです。

--契約金はどのくらいなんですか。アメリカは高いというイメージです。

A氏:契約金は1位なら数百万ドルに及ぶこともありますが、年俸はドラフト1位と最下位も一律で、日本の育成選手並み(神田注・200万円~300万円程度)です。これもメジャーの統一ルールです。

--日本だと1位選手の年俸が1000万円ぐらい、最下位でも500万円前後でしょうか。そこを統一しているのは面白いですね。スカウトは1球団に何人くらいいるんでしょうか。日本は7、8人ですが。

A氏:アメリカは国土が広いので30人くらいですかね。担当は日本と同じようにテキサス州担当とか、エリアごとです。スカウトの上に、スカウトがドラフト候補に挙げてきた選手をさらにチェックする『クロスチェッカー』という人もいます。

--日本の場合、スカウトは引退した元プロ野球選手がすることがほとんどなんですが、メジャーも同じですか。

A氏:メジャーはプロ野球経験者とは限りません。アメリカではアマチュア担当スカウトというのは、チーム仕事をしていくキャリアのスタートラインみたいな位置なんですよ。年齢は20代前半から30前後までで、給料も安くて仕事はハードです。たとえば遠隔地のゲームをみたあとホテルにも泊まらず飛行機にも乗らず、深夜に自分で車を運転して帰ってきたりとか、安いモーテルに泊まり歩きながら試合観戦を続けていきます。日本のアマ担当スカウトは重要なポジションだし、アマ担当スカウト歴何十年という人もいらっしゃいますが、アメリカでは若くて熱意がある人がまずやる仕事です。

関連記事

トピックス