コラム

ドイツのリスクが明らかになればユーロ/円はパニック売りに

 ドル/円の為替であれば、なんとなく「2ケタになると円高」といった感覚を持つ人も多いだろうが、ユーロ/円についてはそこまでの実感を持つ人はそれほどいないのでは? 30年以上の経験を持つ為替のスペシャリストで、バーニャマーケットフォーカスト代表の水上紀行氏が今後のユーロ/円の相場展開について解説する。

 * * *
 ユーロ/円は、ユーロ/ドルとドル/円を掛け合わせた通貨ペアです。 ユーロ/ドルは当面1.0000、さらに0.9000を目指すと予想しています。

 一方、ドル/円は、110円を目指すと予想しています。たとえば、ユーロ/ドルが1.0000、ドル/円が110円になったとしても、ユーロ/円はこれらの掛け算ですから、110円まで下落することを意味します。つまり、ユーロ/円は大幅に下落する可能性があります。 

 今一番懸念していることは、ドル/円が2012年から50円弱上昇したわけですが、この時、ユーロ/円も約55円上昇しています。しかし、ドル/円とユーロ円の決定的な違いは、ドル/円は実需取引が中心なのに対して、ユーロ/円は投機が中心です。

 そして、実需中心のドル/円で投機ポジションは限られるのに対して、ユーロ/円は投機のポジションがまだ大きく残っている可能性が高いということです。

 これでドイツ銀行の巨額債務やフォルクワーゲンの不正問題などドイツ発のリスクが明らかになった時、ユーロ/円は、マーケットから逃避しようとするパニック売り(リスク回避の円買い)に見舞われることになると思います。

 ユーロ/ドルが1.0000を割り込みさらに0.9000を目指すなら、ユーロ/円はさらに100円を目指す可能性があります。

 ドイツ人の友人がつぶやいた「この冬は、いつになく寒くなりそうだ」と言った言葉が、重く心に残ります。

※マネーポスト2016年新春号

関連記事

トピックス

デヴィ夫人(2022年6月)
デヴィ夫人が元白鵬の襲名パーティーで“激怒の途中退席”騒動「こんな屈辱は初めてです」と怒った理由
NEWSポストセブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、相次ぐ番組出演見合わせ 夫の会社家宅捜索で“炎上キャラ”終了、復帰は困難か
NEWSポストセブン
広島・小窪哲也コーチに話を聞いた
広島・小窪哲也コーチに不倫を直撃 30代女性ラウンジ社長宅に3日連続「通い愛」
週刊ポスト
一般参賀デビューを果たされた(1月、東京・千代田区。写真/JMPA)
愛子さま、高まる「言葉への関心」 留学経験すれば文才に磨きがかかるのでは…と期待も
女性セブン
鮎川さんと陽子さん。談笑するふたり(2022年5月撮影)
「シーナ&ザ・ロケッツ」鮎川誠さん、最後のバースデーライブで見せていた元パリコレモデル娘との“ひととき”
NEWSポストセブン
頻繁な社長交代が経営にどう影響するか(フジテレビ本社)
《速報》伝説の番組『オールナイトフジ』が4月から32年ぶり復活へ 司会に内定した「売れっ子芸人」の名前
NEWSポストセブン
公安調査庁ベテラン調査員のメールが流出して大騒ぎ。その内容も…(時事通信フォト)
【本人直撃】「安倍元総理銃撃の真犯人は山上ではない」公安調査庁ベテラン調査員のメール流出の衝撃
週刊ポスト
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
NEWSポストセブン
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
NEWSポストセブン
宮崎あおい
宮崎あおいシースルートップスから早着替えで「ママの顔」芸歴33年目の凄み
NEWSポストセブン
Aさん(左)と逢瀬を重ねる桂雀々
上方落語の爆笑王・桂雀々に「所属事務所社長とW不倫」を直撃 「最高のパートナーなんです」
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! コロナワクチン「打つほどかかる」を検証ほか
「週刊ポスト」本日発売! コロナワクチン「打つほどかかる」を検証ほか
NEWSポストセブン