国内

渋滞が起きやすい3つのポイント 上り坂、合流、トンネル

 ゴールデンウイークは絶好の行楽チャンス。目的地までの交通手段として自動車を選ぶ人は多いだろう。そんな人たちのいちばんの悩みの種が「渋滞」だ。いったん遭ってしまうと、目的地で遊ぶ時間より、車中の滞在時間の方が長かった…なんていう悲劇も起こり得る。

 そもそも渋滞はなぜ起こるのだろう。渋滞博士として知られる東京大学先端科学技術研究センターの西成活裕教授が解説する。

「ブレーキの連鎖で渋滞は起こります。1台がブレーキを踏むと、その後続車がブレーキを踏み、さらにその後ろの車が…それが渋滞の原因です」

 高速道路で渋滞が起こりやすい、つまりブレーキを踏みやすい箇所は3つあるという。

【上り坂】
 NEXCO東日本の調査によると、上り坂とサグ部(下り坂から上り坂にさしかかる凹部)が渋滞の原因の約6割を占めている。

「高速道路には、運転手が気づかないような緩やかな上り坂が多い。その場合、アクセルを踏み込まずに平坦な道路と同じように運転するので、速度が遅くなります。すると後続車は、『前の車が遅くなった』と、減速しようとしてブレーキを踏みます。そして渋滞の連鎖が起こります」(西成さん)

【合流地点】
「車線が減少するところでは、無理な車線変更などで、なかなか合流がうまくいかず渋滞が起きやすいのです」(西成さん)

 この時も、走行車線の車がブレーキを踏んで、さらにその後続車も踏んで連鎖していくのだ。

【トンネル】
「暗いトンネルに入るとき、ドライバーは無意識のうちに恐怖心などからブレーキを踏みます」(西成さん)

 上り坂と合流地点と同様に、先頭車がトンネルに入る前にブレーキを踏んで速度が低下すると、後続車がブレーキを踏み、さらにその後続車も踏んで連鎖していく。この3つ全ての要素を持っているのが小仏トンネル(中央道)。 “渋滞の名所”として知られている。

※女性セブン2016年5月12・19日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

計4つの高級ジュエリー店をはしごしたテレ東・角谷暁子アナ
「彼女は社長好き」テレ東・角谷暁子アナ セレブ医師と銀座高級ジュエリーはしごデート現場
週刊ポスト
小室さん夫妻は意識していたのか NY州弁護士の先輩「雅子さまの義弟」の存在
小室さん夫妻は意識していたのか NY州弁護士の先輩「雅子さまの義弟」の存在
女性セブン
雅子さま、59歳のお誕生日 グローバルな独身時代、激動のご結婚後を写真でたどる
雅子さま、59歳のお誕生日 グローバルな独身時代、激動のご結婚後を写真でたどる
女性セブン
やまずまい子氏のプロフィール写真(自由民主党のHPより)
ベンツ・フィアットを乗り回す自民党・京都女性市議 政務活動費流用に続き“選挙買収”疑惑も
NEWSポストセブン
慣れたご様子で馬と触れ合われた(写真/宮内庁提供)
愛子さまのイニシャル入りハートのペンダント「ご学友からの贈り物」と公表した理由
女性セブン
【エクシア720億円投資トラブル】訴訟乱発、代表退任 元副社長が語る「天才トレーダーかけるんの本当の実力」
【エクシア720億円投資トラブル】訴訟乱発、代表退任 元副社長が語る「天才トレーダーかけるんの本当の実力」
NEWSポストセブン
基礎疾患を抱えていた渡辺徹さん コロナ後遺症と急逝に因果関係はあったのか
基礎疾患を抱えていた渡辺徹さん コロナ後遺症と急逝に因果関係はあったのか
女性セブン
「体力的、筋力的に落ちている」と発表
中居正広が休養期間を延長 想定外の長時間だった手術と独立後に抱えていたストレス
女性セブン
少なくない額の借金もあった志垣さん
志垣太郎さん 数千万円単位の借金、『半沢直樹』降板騒動…苦しみの晩年
女性セブン
学生時代の三浦容疑者(SNS「mixi」より)
寝た園児に「ご臨終です」虐待逮捕の元保育士 SNSには「ちびたちが大好きなやつです」
NEWSポストセブン
大地真央が主演を務める『最高のオバハン中島ハルコ』
大地真央、ぶっちゃけキャラが“刺さる”と話題 人の顔色を伺う時代の「嫌われない毒舌」を語る
NEWSポストセブン
山崎静代と婚約相手
「南海キャンディーズ」しずちゃん(43)が結婚宣言、お相手は4歳年上で「R-1グランプリ」出場の紙芝居詩人
NEWSポストセブン