• TOP
  • 芸能
  • 『料理の鉄人』仕掛け人が最後に食べたい逸品冷製パスタ

芸能

2016.05.03 16:00  女性セブン

『料理の鉄人』仕掛け人が最後に食べたい逸品冷製パスタ

『リストランテ・ヒロソフィー銀座』のフルーツトマトのカッペリーニ

 誰もが考えたことがあるだろう。最後の日には何を食べたいだろうか──。『料理の鉄人』(フジテレビ系)など、話題のテレビ番組を数々仕掛けたテレビ演出家の田中経一さん(53才)は、『リストランテ・ヒロソフィー銀座』のフルーツトマトの冷製カッペリーニを選んだ。

「その料理を“最後“に食べる時ですが、一つ条件があります。それは妻と一緒にテーブルを囲んで食べることです」

 そう話す田中さん。『リストランテ・ヒロソフィー銀座』のシェフ・山田宏巳さんのフルーツトマトのカッペリーニは、妻の大好きな料理だという。

「山田シェフの冷製パスタは、ほかの人が真似ても、同じようには作れない逸品です。なかでも、トマトのカッペリーニは代表作」(田中さん)

 山田さんが惚れ込んだフルーツトマトは、高知県徳谷地区で栽培されたもの。瀬戸大橋が開通した頃、山田さんは東京から高知まで車を飛ばして、トマトに会いに行った。その縁で、おいしいカッペリーニを提供できるのだと話す。

 そのパスタに田中さんの妻は魅了された。

「彼女の誕生日には、お店に伺って、それを味わうのが毎年の恒例行事になっています。もちろん、このパスタは、ぼくの好物でもありますが、それ以上に重要なことは、自分の一番大切な人が、目の前で、笑顔で食べてくれること。“最後“に、その様子を自分の目にやきつけたい…ただそれだけです」(田中さん)

撮影■坂本道浩

※女性セブン2016年5月12・19日号

関連記事

トピックス