芸能

村西とおる氏が撮った「蓮舫様のお宝動画」を回顧

民進党の代表選に出馬した蓮舫氏

 プールサイドに寝転ぶハイレグ美女。お尻に食い込んだ水着をしきりに気にしながら、ぎこちないポーズを取る──。これは、9月15日の民進党代表選に出馬し、当選確実と言われる蓮舫氏(48)が、クラリオンガールに選ばれた20歳の頃に出演したイメージビデオの一幕だ。当時はVHSテープで発売されていたが、現在はDVD化もされているという。

 これまでキャンギャル時代の水着写真は数多く発掘されてきたが、動画は珍しい。しかも“お宝動画”を制作したのが、AV界の巨匠・村西とおる氏だったというから二重の驚きだ。村西氏が振り返る。

「一時期、“脱がないエロ”を表現するため、アイドルのイメージビデオを撮っていました。この時もキャンペーンガールを16人集めた作品を撮ったのですが、そこに蓮舫様がいたのです。

 彼女は貧乳ながらも足首のキュッとしまったトランジスタグラマーな体、タオルがいらないほど撥水性があるつややかな肌。そして、歩くたびに水着がお尻に食い込んでしまい、恥ずかしそうに直す……まさにコケティッシュガール。存在感は実にナイスでしたねぇ」

 28年前の蓮舫氏は、額のニキビもあどけなく、白い歯を見せはにかんだ笑みを浮かべたかと思うと、カメラに向かって唇をすぼませ「チュッ」とやってみせるサービスぶり。

 議場で仏頂面を崩すことなく舌鋒鋭く与党を追及する現在の彼女とは、似ても似つかない。しかし村西氏によれば、蓮舫氏は当時すでに政治家としての片鱗をのぞかせていたようだ。

「彼女の頭の良さや押し出しの強さに加え、内に秘めた野心を感じました。『このなかで私が一番売れるの! 絶対2位じゃダメなの!』という思いが伝わってきました」(村西氏)

 党代表選を控えた蓮舫氏は当時と同じ思いを抱いているに違いない、か?

※週刊ポスト2016年9月9日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
なぜここまで打てなくなってしまったのか…(時事通信フォト)
巨人・小林誠司、6月の打率0割… 慢性的な打撃不振は「指導者に責任の一端」の指摘
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
NEWSポストセブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
台湾、日本で人気沸騰の林襄
台湾プロ野球の可愛すぎるチアリーダー・林襄 ダンス練習と読書を欠かさない努力家
週刊ポスト
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
『相棒』起用が発表された寺脇康文
寺脇康文の『相棒』再登板が示した「不仲説」のウソと“消えた”相棒候補たち
NEWSポストセブン
分裂抗争が最終局面に(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
「民間人の店も襲撃」 最終局面に突入した分裂抗争で六代目山口組が見せた意志
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン
小島瑠璃子の美ボディが話題になっている
小島瑠璃子 “破壊力抜群”水着ショット公開はレギュラー番組激減への反転攻勢か
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン