芸能

村西とおる氏が撮った「蓮舫様のお宝動画」を回顧

民進党の代表選に出馬した蓮舫氏

 プールサイドに寝転ぶハイレグ美女。お尻に食い込んだ水着をしきりに気にしながら、ぎこちないポーズを取る──。これは、9月15日の民進党代表選に出馬し、当選確実と言われる蓮舫氏(48)が、クラリオンガールに選ばれた20歳の頃に出演したイメージビデオの一幕だ。当時はVHSテープで発売されていたが、現在はDVD化もされているという。

 これまでキャンギャル時代の水着写真は数多く発掘されてきたが、動画は珍しい。しかも“お宝動画”を制作したのが、AV界の巨匠・村西とおる氏だったというから二重の驚きだ。村西氏が振り返る。

「一時期、“脱がないエロ”を表現するため、アイドルのイメージビデオを撮っていました。この時もキャンペーンガールを16人集めた作品を撮ったのですが、そこに蓮舫様がいたのです。

 彼女は貧乳ながらも足首のキュッとしまったトランジスタグラマーな体、タオルがいらないほど撥水性があるつややかな肌。そして、歩くたびに水着がお尻に食い込んでしまい、恥ずかしそうに直す……まさにコケティッシュガール。存在感は実にナイスでしたねぇ」

 28年前の蓮舫氏は、額のニキビもあどけなく、白い歯を見せはにかんだ笑みを浮かべたかと思うと、カメラに向かって唇をすぼませ「チュッ」とやってみせるサービスぶり。

 議場で仏頂面を崩すことなく舌鋒鋭く与党を追及する現在の彼女とは、似ても似つかない。しかし村西氏によれば、蓮舫氏は当時すでに政治家としての片鱗をのぞかせていたようだ。

「彼女の頭の良さや押し出しの強さに加え、内に秘めた野心を感じました。『このなかで私が一番売れるの! 絶対2位じゃダメなの!』という思いが伝わってきました」(村西氏)

 党代表選を控えた蓮舫氏は当時と同じ思いを抱いているに違いない、か?

※週刊ポスト2016年9月9日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
福岡国際マラソンでは早大、エスビー時代を通じて優勝4度(写真は1983年/時事通信フォト)
瀬古利彦、恩師・中村清監督との衝撃の出会い「砂を掴み、むしゃむしゃと食べ始めた」
週刊ポスト
プロレス総選挙
今回は「プロレス総選挙」 なぜテレ朝は『○○総選挙』を放送し続けるのか
NEWSポストセブン
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン