国内

女性暴行東大生「みんな死ねばいいのに」発言の真意を直撃

ツイッターでの「暴言」の真意を直撃

〈執行猶予なろうがなんも良くねえんだよなあ〉
〈あーもうみんな死ねばいいのに〉

 5月10日、女子大生への強制わいせつや暴行の容疑で東大生5人が逮捕された。5人のうち2人は示談が成立し不起訴処分、残りの3人には執行猶予付きの有罪判決が出ている。

 しかし、この判決に対して不満を持っているメンバーもいるようだ。それが先の発言主である。

 これは、主犯格の一人である東大4年のAが有罪判決を受けた直後に、友人だけが閲覧できる非公開アカウントのツイッターで呟いたものだ。大学の同級生の証言。

「A君から直接教えてもらったアカウントで呟かれていました。ほかにも、友人からの『執行猶予でよかったな』というツイートに対し、『めでたくないけどありがとう』といった発言や、『B(有罪判決を受けた3人のうちのひとり)の3/4の刑罪をかぶってゆく』と、さも“自分は悪くない”と抗弁するかのような発言もありました」

 このツイッターからはAが全く反省していないことがうかがえる。

◆「何も話すな」といわれているので……

 都内の閑静な住宅街。帰宅するAに直撃を試みると、こちらの気配を察知したのか、彼は逃げるようにUターンし、その場を去ろうとする。

 本誌記者が後を追うとAは突然、一般住宅のガレージの中に逃げ込んだ。記者は外で待っていたが、いつまでたっても出てこない。どうやら塀を乗り越えて逃げたようだ。

 それから2時間後、自宅マンション前に再び姿を現わしたAにようやく話を聞くことができた。

「Aさんですよね?」と声をかけると、驚いた様子で、目を逸らしながら「はい、そうですけど、何ですか?」と答えた。

──執行猶予付きの判決となりました。被害者への気持ちを聞かせてください。

「弁護士を通してもらえますか? 弁護士に『何も話すな』といわれてるので……」

──被害者への言葉は何かありませんか。

「……(無言)」

──ツイッター上で、反省していないととられる発言をしているようですが。

「よくいわれるんですけど、それ僕じゃないです。違う人ですよ」

 動揺の色を隠せないAは、それ以上答えることなく、マンションへと消えた。反省の色の見えない言動に被害者は何を思うか。

※週刊ポスト2016年11月18日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

北青鵬、白鵬
北青鵬の暴力問題で宮城野親方に“師匠剥奪”の厳罰 大横綱・白鵬が歩む「大横綱・貴乃花の辿った道」
NEWSポストセブン
削除された中川安奈アナの“バーでの写真投稿”(本人のインスタグラムより)
《赤ら顔・ノースリーブは削除》NHK中川安奈アナ「こっそり消したインスタ写真」に共通する「不適切」の線引き【局に見解を直撃】
NEWSポストセブン
「バーレスク東京」で圧倒的な人気を誇るダンサー・もも
SNS総フォロワー150万人「バーレスク東京」No.1ダンサー・もも “濡れた舞姫”魅惑の表情
週刊ポスト
『王様戦隊キングオージャー』は2024年2月25日の放送で最終回を迎える(c)テレビ朝日・東映AG・東映
【神回連発の特撮】『王様戦隊キングオージャー』脚本・高野水登が明かした“掟破り”の演出術「壊してやろうみたいな気持ちはないんですよ」【連載・てれびのスキマ「テレビの冒険者たち」】
NEWSポストセブン
4・28補選の細田博之前衆院議長“弔い合戦”で自民候補が想定外の伸び悩み 竹下登、青木幹雄の「保守王国・島根」が崩壊する
4・28補選の細田博之前衆院議長“弔い合戦”で自民候補が想定外の伸び悩み 竹下登、青木幹雄の「保守王国・島根」が崩壊する
NEWSポストセブン
堂本剛が退所するが光一とKinKi Kidsは継続か
《SMILE-UP.退所》堂本剛がそれでもKinKi Kids解散を選ばなかった理由「SNS全削除の覚悟」
NEWSポストセブン
田村瑠奈容疑者と容疑者親子3人が暮らしていた自宅
《ススキノ頭部切断事件》2月末で終了の留置期間、親子3人の鑑定結果「娘の責任能力により起訴はギリギリの判断、両親は法廷へ」【自宅はスプレー缶で落書き被害】
NEWSポストセブン
表情豊かな阿部サダヲ(時事通信フォト)
『不適切にもほどがある!』阿部サダヲの「コンプラ度外視」発言は「令和の新しい毒舌」、カタルシス効果で共感呼ぶ
NEWSポストセブン
イメージカット
妻を激怒させる「スイッチ」 昭和なジェンダー意識にご用心!
NEWSポストセブン
『めざましテレビ』で人気を集めた高島彩
【500人アンケート】フジテレビ歴代最高の女性アナランキング 『めざましテレビ』MCがトップ3に
週刊ポスト
長谷川京子が恋人と旅行に出かけた
長谷川京子、“大事な人と必ず訪れる大切な場所”タイに6才年下の恋人と旅行 浮かれて突っ走ることはない大人の恋
女性セブン
元店員がTwitterに(現X)投稿したLINEのスクショ画像
大阪王将「ナメクジ大量発生」投稿の元店員「威力業務妨害で逮捕」でどうなる 識者は「刑事は不起訴でも民事で損賠請求される可能性」指摘
NEWSポストセブン