ビジネス

“ビジネス界のアカデミー賞”で日本人女性が金賞受賞

受賞スピーチを述べるサニーサイドアップ次原社長

 事前の大方の予想を裏切り、トランプ氏の勝利となったアメリカ大統領選挙。初の女性大統領誕生は夢と終わったわけだが、クリントン氏は敗北コメントとして「最も高いところにあり、最も硬いガラスの天井を破ることはできなかった」と語った。そこには、アメリカが抱える相変わらずの白人男性優勢主義もあったと言われる。

 そんな中、“ビジネス界のアカデミー賞”と呼ばれる「Stevie(R) Awards」(スティービーアワード)の第13回「Stevie(R) Awards for Women In Business 2016」(女性ビジネス賞)の授賞式が11月18日にニューヨークで開催された。全世界の企業が対象の「Women-Run Workplace of the Year-More than 10 employees」(女性が経営する企業)部門で金賞を受賞したのは日本人の女性経営者だった。

 この「Stevie(R) Awards」はプレミアビジネス賞として世界で知られ、ビジネス界のあらゆる業績を評価し表彰する、米国ビジネス界唯一の世界規模の賞。今年の「Stevie(R) Awards for Women In Business 2016」は、世界22の国と地域から、1400以上の企業・個人の応募があり、110名の審査員による厳正な審査の結果、受賞者が選ばれた。

 金賞を受賞したのはPRエージェンシー「株式会社サニーサイドアップ」代表取締役社長の次原悦子氏。次原氏は17歳の時に起業してから現在に至るまでの32年間の長きにわたり、同社を安定的かつ順調に発展させ、2008年には株式上場を果たし、今もなお、右肩上がりに企業成長させているという点が、日本のみならず世界でも非常に希有な功績と高く評価された。さらに国内でのPR事業に加え、スポーツビジネスへの参画や、米国や韓国など海外でのビジネス展開、またユニークな福利厚生制度などが高く評価され、今回の受賞となった。受賞スピーチで次原氏は以下のように語っている。

「このような名誉ある賞を受賞し、大変光栄に思います。皆様ご存知の通り、日本のビジネス界は女性にとってまだまだチャレンジングな世界です。日本の上場企業3000社において、女性が代表を務めている企業は1%以下であり、女性創業者にいたってはほとんどいないのが現実です。このトロフィーが、日本のビジネスウーマンの未来を変える力になることを願っています」

 アメリカと比較しても、また世界の中でも、日本の社会における女性の立場はまだまだ低いのが現状だ。安倍首相が掲げる「アベノミクス」の一環として、女性の活用を進める「ウーマノミクス」にも注目が集まっている。今回の次原氏の受賞は、その先鞭として大きな意義があるのではないだろうか。

関連キーワード

トピックス

鈴木京香と小池栄子はプライベートではバトルような仲ではないという
『鎌倉殿の13人』鈴木京香と小池栄子 私生活では親友同士だからこその「壮絶バトル」
NEWSポストセブン
4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、事実上の現役続行宣言「芸術性も技術も」不利なルール変更に挑む覚悟
女性セブン
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
高視聴率番組『笑点』に三遊亭円楽の不在がどんな影響を及ぼしているのか(『笑点』公式facebookより)
三遊亭円楽不在の影響じわじわ 若手起用も視聴率下降『笑点』の正念場
NEWSポストセブン
5月21日放送の「原発事故と甲状腺がん」が批判を浴びたのはなぜか(Tverより)
TBS『報道特集』「原発事故と甲状腺がん」の問題点 語られなかった科学的事実【前編】
NEWSポストセブン
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
もはや巨人戦中継もドル箱ではなくなった(時事通信フォト)
巨人戦のデーゲーム中継が視聴率2%台… 地上波からプロ野球が消える日
NEWSポストセブン
『第59回ギャラクシー賞』を受賞
ドラマ『運を拾う男』出演 草なぎ剛が語る“運”「ぼくは本当に恵まれている」
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
松鳳山
人気力士・松鳳山「引退後は親方にならず退職」の裏に70歳再雇用と名跡不足の大問題
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン