ビジネス

“ビジネス界のアカデミー賞”で日本人女性が金賞受賞

受賞スピーチを述べるサニーサイドアップ次原社長

 事前の大方の予想を裏切り、トランプ氏の勝利となったアメリカ大統領選挙。初の女性大統領誕生は夢と終わったわけだが、クリントン氏は敗北コメントとして「最も高いところにあり、最も硬いガラスの天井を破ることはできなかった」と語った。そこには、アメリカが抱える相変わらずの白人男性優勢主義もあったと言われる。

 そんな中、“ビジネス界のアカデミー賞”と呼ばれる「Stevie(R) Awards」(スティービーアワード)の第13回「Stevie(R) Awards for Women In Business 2016」(女性ビジネス賞)の授賞式が11月18日にニューヨークで開催された。全世界の企業が対象の「Women-Run Workplace of the Year-More than 10 employees」(女性が経営する企業)部門で金賞を受賞したのは日本人の女性経営者だった。

 この「Stevie(R) Awards」はプレミアビジネス賞として世界で知られ、ビジネス界のあらゆる業績を評価し表彰する、米国ビジネス界唯一の世界規模の賞。今年の「Stevie(R) Awards for Women In Business 2016」は、世界22の国と地域から、1400以上の企業・個人の応募があり、110名の審査員による厳正な審査の結果、受賞者が選ばれた。

 金賞を受賞したのはPRエージェンシー「株式会社サニーサイドアップ」代表取締役社長の次原悦子氏。次原氏は17歳の時に起業してから現在に至るまでの32年間の長きにわたり、同社を安定的かつ順調に発展させ、2008年には株式上場を果たし、今もなお、右肩上がりに企業成長させているという点が、日本のみならず世界でも非常に希有な功績と高く評価された。さらに国内でのPR事業に加え、スポーツビジネスへの参画や、米国や韓国など海外でのビジネス展開、またユニークな福利厚生制度などが高く評価され、今回の受賞となった。受賞スピーチで次原氏は以下のように語っている。

「このような名誉ある賞を受賞し、大変光栄に思います。皆様ご存知の通り、日本のビジネス界は女性にとってまだまだチャレンジングな世界です。日本の上場企業3000社において、女性が代表を務めている企業は1%以下であり、女性創業者にいたってはほとんどいないのが現実です。このトロフィーが、日本のビジネスウーマンの未来を変える力になることを願っています」

 アメリカと比較しても、また世界の中でも、日本の社会における女性の立場はまだまだ低いのが現状だ。安倍首相が掲げる「アベノミクス」の一環として、女性の活用を進める「ウーマノミクス」にも注目が集まっている。今回の次原氏の受賞は、その先鞭として大きな意義があるのではないだろうか。

関連キーワード

トピックス

岸田首相が大谷翔平結婚のドサクサで誤魔化したい「政倫審と予算案の茶番採決」 ウクライナ電撃訪問とWBC準決勝の時とは正反対
岸田首相が大谷翔平結婚のドサクサで誤魔化したい「政倫審と予算案の茶番採決」 ウクライナ電撃訪問とWBC準決勝の時とは正反対
NEWSポストセブン
15歳でデビューした岡田奈々
芸能生活50周年の岡田奈々「まだまだやり足りない。いつか『何やっとんのー!』と岐阜弁で叫ぶようなお芝居をしてみたい」
週刊ポスト
(時事通信フォト)
《大谷翔平結婚》お相手“有力候補”のアスリート女性は「昨年引退済み」「インスタ全消し」渡米情報も
NEWSポストセブン
小池徹平、『離婚しない男』“クズな間男”怪演の裏に脚本家・鈴木おさむとの絆「おさむさんの最後の作品だから、何でもやります」
小池徹平、『離婚しない男』“クズな間男”怪演の裏に脚本家・鈴木おさむとの絆「おさむさんの最後の作品だから、何でもやります」
女性セブン
報道陣の取材に応じるドジャースの大谷翔平(時事通信フォト)
《話したくなかったことは…?》大谷翔平が結婚報告の囲み取材で見せた「右の耳元、顔の左側を触る」に“隠された意味”を心理士が分析
NEWSポストセブン
吉高由里子
大河ドラマ『光る君へ』、乗馬シーンのために俳優陣が10か月間のスパルタレッスン 吉高由里子も猛特訓
女性セブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
結婚相手について語った大谷翔平
《大谷翔平が電撃婚》新妻を待ち受ける「奥様会」と「過激ファン」の洗礼 田口壮夫人は「生卵をぶつけられた人もいた」
NEWSポストセブン
20年以上培った弁護士としての専門分野は離婚や親権問題
《不倫報道》エッフェル広瀬めぐみ議員が密会場所に選んだ「ご休憩8600円〜」歌舞伎町ホテルと「ジャンクなディナー」のこだわり
NEWSポストセブン
谷原章介(左)と、コンテストに挑戦する息子の七音さん(右)
《本人に直撃》谷原章介が語った20歳長男「ジュノンボーイ挑戦」へのエール 七音さんもインスタで決意投稿「僕は僕なので」
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平が明かした結婚相手「普通の日本人」は7月にお披露目か 大物同僚妻との奥様会への参加はどうなる
NEWSポストセブン