• TOP
  • ビジネス
  • 冬の入浴ガス代節約術 立て続け入浴で約4000円の節約効果

ビジネス

2016.11.28 16:00  女性セブン

冬の入浴ガス代節約術 立て続け入浴で約4000円の節約効果

夏の3倍になる冬のガス代、お風呂で節約

 寒くてつい暖房をフル稼働してしまう冬は、光熱費が一気に跳ね上がる。冬は水も冷たくなるから、お風呂を沸かすガス代がかさむし、寒くてシャワーを出しっぱなしにしがち。一般家庭では電気代同様、ガス代も夏より3倍高くなるといわれている。これを何とかしたい。

◆シャワーの使用時間を減らし3298円の節約に

 ガス代の節約でいちばん気になるのは、お風呂。夏であれば節約のためにシャワーだけで済ますのも効果的だが、冬は逆効果になる。

「夏は汚れを落とすだけなのでシャワーを使う時間も短くて済みますが、冬はシャワーで体を温めようとするため無駄にお湯を使うことになります。

 シャワーを17分出しっぱなしにすると、200リットルの浴槽いっぱいのお湯を使うことになるんです。湯船でしっかり温まってシャワーを手短に使う方が断然お得なんです」(節約アドバイザーの丸山晴美さん)

 シャワー10分で約45円のガス代がかかるから、湯船のお湯を利用しシャワーの使用時間を1分短くしただけで約4円の節約になる。家族4人なら1回当たり16円。97日で1552円も減らせる。

「節水シャワーヘッドを使うと、より使用時間が短くなり、4人家族で年間6481円の節約になります」(丸山さん)

 つまり、節水シャワーヘッド利用でひと冬約1746円の節約になる計算だ。

◆立て続けに入って1038円の節約に

 家族が多い場合は、なるべく間を空けずに入浴することもポイントだ。冷めたお湯を追い焚きで1.5℃熱くするには、1回4.7円程度かかる。家族で立て続けに入浴して追い焚き回数を1日1回減らすだけで、97日間では456円の節約に。お湯を冷まさないよう、こまめにふたをすることでも節約効果は1日約6円、97日間で582円お得になる。

「お湯に浮かべる保温シートを使ってからふたをすると、二重の効果でより保温力が高くなるのでおすすめです」(丸山さん)

※女性セブン2016年12月8日号

関連記事

トピックス