• TOP
  • ライフ
  • 寝たきりなど重篤な後遺症ありうる脳梗塞に「夢の新薬」

ライフ

2017.02.02 16:00  SAPIO

寝たきりなど重篤な後遺症ありうる脳梗塞に「夢の新薬」

患者の負担軽減が期待される(写真:アフロ)

「回復しない病」との呼び名が過去のものになる。

 脳の血管が詰まるなどして血流が低下し、脳細胞が壊死する脳梗塞。発症すると意識障害や片方の手足の麻痺などが起こり、治療が遅れると命を落とすこともある。一命を取り留めても、半身不随や寝たきりなど重篤な後遺症がありうる厄介な病気だ。

 しかも従来、一度損なわれた脳機能は回復しないとされていたが、定説を覆す「夢の新薬」が現れた。日本の再生医療ベンチャー、サンバイオが開発する再生細胞薬「SB623」である。

 製造過程は以下の通り。まず一人の健康なドナーの骨髄液から、多様な細胞に分化する能力を持つ「間葉系幹細胞」を採取する。これを加工・培養して製品化し、脳内に生じた患部の周辺に直接注射すると、脳の「再生」が見込める。

 東京大学医学部附属病院脳神経外科の今井英明特任講師が解説する。

「詳しいメカニズムは不明ですが、移植した幹細胞から分泌される栄養因子が、傷ついた脳の神経細胞の修復を促すと考えられます。損傷した神経細胞の再生そのものは不可能ですが、周辺の神経細胞を活性化することで、失われた脳機能が回復し、患者の運動機能が改善すると考えられます」

 実際、米スタンフォード大などが脳梗塞発症後の患者18人に治験を実施した結果、安全性に問題はなく、ほぼ全員の運動機能が徐々に回復し、1年後も回復状態が維持された。

 例えば脳梗塞を患ったある女性患者は後遺症でほとんど腕を動かすことができなかったが、治験後には腕を頭の上まで上げたり、前後左右に動かせるようになった。

 この女性患者には言語障害があり、食事の注文や人とのオーラルコミュニケーションがうまくできなかったが、治験後には自分の意思を口頭で伝えらえるようになった。

 また、脳梗塞で寝たきりになった別の女性患者は足をほとんど動かせなかったが、治験後には片足をベッドから浮かせられるまで回復した。

 以上の様子は米CBS放送などで「奇跡の患者」として報道された。

 サンバイオの森敬太社長は、過去に『日経バイオテクオンライン』で米国の治験結果をこう報告している。

《歩くことができず車椅子での生活を余儀なくされてきた患者の方が2年ぶりにご自身の足で立ち、ゆっくりながらも歩くことができるようになったなどの運動機能の改善や、または言語機能の改善などが見られ、非常に手ごたえを感じた瞬間でした》

※SAPIO2017年2月号

関連記事

トピックス