• TOP
  • ライフ
  • 幅広い世代で重宝、女性向け「オジ靴」定番化のワケ

ライフ

2017.03.20 07:00  NEWSポストセブン

幅広い世代で重宝、女性向け「オジ靴」定番化のワケ

紳士用革靴のデザインを取り入れた「オジ靴」

 数年前から定番となったファッション・キーワード「オジ靴」。紳士用(おじさん風)の革靴のデザインの取り入れた女性向けの靴のことだが、あえて“おじさんっぽい”デザインが可愛いということから、「オジ靴」という愛称で親しまれている。

 今やウィメンズファッションに欠かせないアイテムとなったオジ靴だが、なぜ幅広い世代の女性に支持されているのだろうか。アパレル関係で勤務する女性Aさん(31歳)は、こう分析する。

「ここ数年、スポーティやストリートカジュアルなファッションが流行し、女子の間にもスニーカーブームが到来しました。以前ならばハイヒールかパンプスが定番だった赤文字系ファッション(コンサバ系の服装)雑誌でも、スニーカーが特集されるほどです。

 しかし、スニーカーだとカジュアルになりすぎる、という女性にちょうど良いのがオジ靴。メンズライクになりすぎないのにかっこよく決まるので、幅広い世代が取り入れやすいところが人気の秘訣でしょう。オジ靴には、組紐タイプの『オックスフォード』の他、『タッセルシューズ』、『スリップオン』などいくつか種類があります。どれか一つ持っていると重宝します」(Aさん)

 ファッションブロガー・Bさん(28歳)は、オジ靴の活用術を次のように語る。

「1、2年前からガウチョパンツやスカンツをはじめとするワイドパンツブームが来ています。今年はワイドパンツの中でも、バギーパンツやデニムのワイドパンツ、サイドライン入りパンツが流行します。オジ靴は、こういったワイドパンツにとてもマッチするデザイン。

 とくに秋冬のファッションでは、トップが重たくなりがちなので、足元もオジ靴を合わせてあげることでバランスが取れる。現在ではオジ靴は定番になっていて、ハイブランドからプチプラシューズまで、どこでも手に入るようになっています」(Bさん)

 男性陣からすると、一見「おじさん臭い」ように見えるかもしれないが、ジェンダーレスなファッションが世界的なトレンドとなる中、“おじさんっぽさ=可愛さ”として消費されている側面もあるようだ。

関連記事

トピックス