マッチ一覧

【マッチ】に関するニュースを集めたページです。

(写真/イメージマート)
《ヒット曲からも消えた?》少数派になった一人称の「俺」 「僕」が主流に、50代以上では相手を「お前」「こいつ」呼びする人も
 昭和の時代は、自分のことを「俺」と呼ぶ人がいても何の違和感もなかったはずだ。しかし、最近では「俺」を使う人がすっかり減っている。また、人気ドラマ『不適切にもほどがある!』(TBS系)でフィーチャーされ…
2024.02.28 07:00
NEWSポストセブン
「もう10年やり続けています」スマホのパズルゲームが生活に溶け込んでいる“無課金プレイヤー”たちの声
「もう10年やり続けています」スマホのパズルゲームが生活に溶け込んでいる“無課金プレイヤー”たちの声
 スマホユーザーに人気のカジュアルゲーム。長く愛されるタイトルも多く、たとえばLINEが提供するシンプルなパズルゲーム『LINE:ディズニー ツムツム』は、今年で10周年を迎える。また、同じくLINEのパズルゲーム…
2024.02.12 15:15
マネーポストWEB
【中学受験塾】SAPIXの隆盛を支えてきた「子どもの受験が自己実現」という“高学歴専業主婦”の存在 一方で共働き家庭には負担も重くミスマッチも
【中学受験塾】SAPIXの隆盛を支えてきた「子どもの受験が自己実現」という“高学歴専業主婦”の存在 一方で共働き家庭には負担も重くミスマッチも
 首都圏の中学受験の大手塾であるSAPIX。特に難関校を狙う層に大きな支持を集めている。優れたテキストが最大の魅力で、ちゃんとついていけば学力は上がっていく。しかし、親がやることが多いために、苦戦する家庭…
2024.02.09 15:03
マネーポストWEB
50代以上のマッチングアプリの活用法とは
マッチングアプリ徹底ガイド|50代以上におすすめのアプリと騙されないコツ。67歳男性の必勝法
素敵な人と出会いたいが、「マッチングアプリは騙されそうで怖い」──そう思う人は多いはずだ。だが登録しているのが、自分の同世代の人だけならどうだろうか?急増中の「中高年専用アプリ」のスマートで安全な活用…
2024.01.23 11:00
週刊ポスト
「結婚の意思がない人と付き合っている暇はない」 恋人探しをマッチングアプリに依存する30代女性教員の心に膨らむ焦りと不安
「結婚の意思がない人と付き合っている暇はない」 恋人探しをマッチングアプリに依存する30代女性教員の心に膨らむ焦りと不安
 マッチングアプリで出会い、結婚に至る男女が増えている。国立社会保障・人口問題研究所が実施した第16回出生動向基本調査(2021年度)によれば、職場や友人を介した結婚が減り、SNSやマッチングアプリなどのイン…
2023.11.17 20:15
マネーポストWEB
年下の新恋人ができたという女優の遠野なぎこ
《100人以上と会ってきました》女優・遠野なぎこがマッチングアプリ歴1年で30代恋人と4度目の再婚願望
 これまで3度にわたって結婚したが、いずれも3か月以内に「スピード離婚」。自己最短で結婚生活14日間という記録を持つ女優・遠野なぎこ(43)。そんな遠野だが、「もう恋愛はこりごり」というわけではないようで…
2023.11.10 07:00
NEWSポストセブン
もうすぐ還暦には見えない近藤真彦
近藤真彦「すごい厚底ブーツ!」「髪の毛ふさふさ」警察出動のファンサービスで見せた還暦目前のイケオジファッション
 ジャニーズの肩書きが無くなっても、熱狂的な人気は相変わらずだ。3月3日の東京・中野サンプラザ。コンサートが終了してから2時間が経ったというのに、楽屋口の前から大通りの両側まで、大勢のファンが出待ちをし…
2023.03.19 07:00
NEWSポストセブン
災害時に役立つ「キャンプ道具」の数々 キャンプの知恵は避難所生活で活用できる
災害時に役立つ「キャンプ道具」の数々 キャンプの知恵は避難所生活で活用できる
 9月は「防災月間」、防災袋を用意し食糧備蓄や家具転倒防止などを講ずる人も多い。そんな防災意識が高い人でも、避難所生活にまで備えている人は少ないのではないか。【表】専門家が厳選、災害時に役立つおすすめ…
2022.09.07 19:15
マネーポストWEB
近藤真彦
近藤真彦のラジオ番組、活動休止を乗り越え続く背景にスタッフとの絆
 歌手やレーサーとしても活躍する近藤真彦(57才)だが、デビュー前から継続している仕事の1つがラジオのパーソナリティーだ。長く続けられる背景について、放送作家でコラムニストの山田美保子さんが解説する。 …
2022.01.12 07:00
NEWSポストセブン
『ザ・ベストテン』40%超え神回プレーバック 山本譲二が激昂した理由
『ザ・ベストテン』40%超え神回プレーバック 山本譲二が激昂した理由
 伝説的な音楽番組『ザ・ベストテン』(TBS系)。毎週ヒット曲をランク付けし、10位から1位までを紹介、そのなかの何組かが歌を披露するという生放送の番組だ。視聴率41.9%という番組史上最高記録をマークした、1…
2022.01.09 07:00
女性セブン
近藤真彦
近藤真彦 不倫報道から復活でガッツポーズ!「ファンのメンタルが強すぎる」
 これが元ジャニーズ、しかも、ジャニーズ長男と呼ばれた男の地力ということか。「中野サンプラザから中野駅まで列が続いているんじゃないかしら。それぐらいの出待ちですよ! だって、私たちはずっと待っていた…
2021.11.13 16:00
NEWSポストセブン
議員を選ぶ1票の価値はそれぞれ重い(時事通信フォト)
ボートマッチ・サービスが話題 衆議院選挙でどう活用すべき?
 10月31日に投開票が行われる第49回衆議院選挙を前に、インターネット各所のボートマッチ・サービスが話題を呼んでいる。ボートマッチとは、簡単なアンケートに答えるだけで自分と考え方が近い政党や候補者がわか…
2021.10.29 07:00
NEWSポストセブン
田原俊彦
還暦の田原俊彦「爆乳はイヤだ」20代美女を相手に「圧巻のデート術」
 黒いキャップに黒縁メガネ、清潔感のある白いTシャツをサラリと着こなすナイスガイ。8月のある日の夜、田原俊彦(60才)が、還暦を迎えたとは思えない若々しいルックス、そしてアグレッシブなトークを繰り広げな…
2021.09.26 07:00
NEWSポストセブン
初代ひょうきんアナ・山村美智
初代ひょうきんアナ・山村美智 懺悔コーナーで水かぶった思い出
 放送開始から40年の節目を迎えた『オレたちひょうきん族』(フジテレビ、1981~1989年)。その名物コーナー「ひょうきんベストテン」では、フジテレビの女子アナが進行役のひとりとして出演し、「ひょうきんアナ…
2021.05.30 16:00
週刊ポスト
名物キャラやモノマネが生まれた背景は?(写真は島崎俊郎)
マッチ、アダモちゃん、オバQ…『ひょうきん族』名物キャラ誕生秘話
『オレたちひょうきん族』(フジテレビ、1981~1989年)では、出演者たちの個性あふれるキャラクターやモノマネが人気となった。あれから40年、西川のりお、片岡鶴太郎、島崎俊郎も3人が、オバQ、マッチ、アダモち…
2021.05.28 16:00
週刊ポスト

トピックス

満島ひかり主演映画『ラストマイル』はシェアード・ユニバース作品 “主演クラス”石原さとみとの共演で現場は“ヒリヒリするような独特の緊張感”
満島ひかり主演映画『ラストマイル』はシェアード・ユニバース作品 “主演クラス”石原さとみとの共演で現場は“ヒリヒリするような独特の緊張感”
女性セブン
今回会合が開かれた稲川会の内堀和也会長。
【ヤクザサミット2024in横浜に密着】関東暴力団トップ、マル暴40名が駆けつけた「炎天下の極秘会合」が開かれたワケ
NEWSポストセブン
中森明菜、6年半ぶりディナーショーで感動の11曲を披露 MCでは「ただのクソババアでしょ。来年還暦よ」と大暴れ
中森明菜、6年半ぶりディナーショーで感動の11曲を披露 MCでは「ただのクソババアでしょ。来年還暦よ」と大暴れ
女性セブン
五輪直前の忙しい日々、朝のルーティン、将来の夢も語った阿部詩選手
柔道・阿部詩が“柔道家であることを忘れて挑んだ”撮影への感想 「モデルっぽく撮影していただいて楽しかった!」
NEWSポストセブン
《別れ際に両手でWバイバイ》松本潤、悲願の野田秀樹舞台に出演 初日の夜は深夜2時まで女性3人とクールダウン宴会
《別れ際に両手でWバイバイ》松本潤、悲願の野田秀樹舞台に出演 初日の夜は深夜2時まで女性3人とクールダウン宴会
女性セブン
佳子さま
佳子さま、「3000円青ニット国際親善」の問題点をギリシャ研究の権威が指摘 「軽く扱われた」と誤解された可能性、修道院でのパンツ姿も「冒険する必要はない。周囲が気を配らないと」
女性セブン
フジテレビが説得を続ける織田
【『踊る大捜査線』続編計画】本命は当初から“織田裕二主演による続編” 「柳葉さんがやるなら…」と織田裕二も前向きに検討か
女性セブン
喫煙、飲酒行為が発覚し五輪を辞退した宮田笙子(時事通信フォト)
《19歳飲酒・喫煙でパリ五輪辞退》体操女子・宮田笙子の実家は「400年以上の歴史を誇るお寺」エースが抱えていた「精神面での課題」
NEWSポストセブン
中野英雄が運転するカブの後部座席に座る中山こころ
《離婚後も元妻と同居》俳優・中野英雄 “横須賀4連泊デート” のお相手「ホットパンツ姿の28歳下金髪女優」の正体 「家族ももちろん彼女のことは知ってます」
NEWSポストセブン
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
週刊ポスト
悠仁さまのトンボ研究に世間の耳目が集まる(写真/JMPA)
悠仁さま、「論文」「学会」「英語力」…東京大学推薦枠の募集要項はほぼクリア 残るハードルは「共通テストで8割以上」
女性セブン
大谷翔平夫人の真美子さんは奥様会でどうすごしている
《オールスターで特大HR》大谷翔平の妻・真美子夫人、ドジャース奥さま会で“目立たないように…” 集合写真では前列中央から“後列の端のほう”に立ち位置移動
女性セブン