• TOP
  • 芸能
  • 篠原信一が「世紀の護身」タスキ着用で河北麻友子とニコリ

芸能

2017.04.05 16:00  NEWSポストセブン

篠原信一が「世紀の護身」タスキ着用で河北麻友子とニコリ

「たびレジ」イベントに登場した篠原信一と河北麻友子

 2000年に行なわれたシドニー五輪柔道男子100kg級の銀メダリスト・篠原信一が、外務省が主導する海外安全情報メール配信サービス「たびレジ」の登録促進イベントに登場した。ニューヨーク出身の河北麻友子とともに同サービスをアピールした。

 同大会の決勝でフランスのダビド・ドゥイエと対戦したが、「世紀の大誤審」により、金メダル獲得を逃した篠原。今回のイベントでは、薗浦外務副大臣から「世紀の護身」と書かれたタスキをもらい嬉しそうな笑みを浮かべていた。なお、篠原は従来の主張通り「誤審ではない」「力がなかっただけ」と述べていた。

撮影■小倉雄一郎

関連記事

トピックス