スポーツ

イチロー シアトルでの凱旋本塁打に「アイルビーバック」

球場は大歓声に包まれた(写真:アフロ)

 現地でも感動的な光景だと伝えられた。だが、本人は案外そうでもないのかもしれない。MLBアナリストの古内義明氏がレポートする。

 * * *
 9回裏。先頭打者のイチローが内角高めのフォーシームを捉えた。打球はライトスタンドで待つ熱狂的なマリナーズ・ファンのグラブに収まった。「(ファンが)全部期待以上のもので表現してくれるから、本当に打てて良かった」。イチローにとってメジャー通算115本塁打。セーフコ・フィールドでは通算54本塁打となった(球団史上5位タイ)。さらに、この今季第1号によって、メジャーに渡ってから17年連続本塁打、日米通算では25年連続というメモリアルアーチとなった。

 12年半プレーしたシアトルに凱旋したイチローだったが、開幕からこの日まで刻んだヒットはわずかに1本。それでも、マリナーズが生んだ稀代のヒットメーカーに対して、ファンはスタンディングオベーションで迎えた。2012年4月18日以来となるセーフコ・フィールドでの一発に、「イチローコール」の波はダイヤモンドを一周して、最高潮に達した。

 過去、ランディ・ジョンソン、ケン・グリフィー・ジュニア、アレックス・ロドリゲスなどなど。マリナーズで育った大物たちは次々とシアトルを去った。金銭的な理由がほとんどだが、マネーゲームになれば、マーケットの小さいマリナーズは分が悪かった。2012年のシーズン途中、イチローのヤンキースへの移籍は高額年俸をめぐる球団の方針転換が主たる理由だった。

 イチローが在籍した間、プレイオフに出場したのは1年目だけ。球団の方針に一貫性があったとは決して言えず、投打がかみ合わないマリナーズにファンが望むような結果はついてこなかった。マリナーズでの晩年は特に、イチローに対する風当たりは強かった。移籍直前の会見で、孤高の天才が流した涙には、無念の思いが少なからずあったはずだ。

 この日、マリナーズは入場者に、イチローのバブルヘッド人形を配布した。マリナーズとマーリンズという2球団のユニホームを着たコラボ人形は異例中の異例のプロモーションだった。それを求めて、ウィークデイに2万7147人のファンが詰めかけ、いまだ衰えないイチロー人気を見せつけた。

 MLBの公式サイトは、この夜の出来事を「最後のセーフコ・フィールドで、イチローが感動的な本塁打」という見出しで伝えた。また、ホームランボールを捕ったケビン・シャノンさんは、「イチローは偉大な選手に1人。私の中にある野球魂の一部は、イチローのものでもある」と感慨深く話し、イチローにそのボールを返し、御礼にサイン入りバットをプレゼントされたという。

関連キーワード

関連記事

トピックス

玄理のトイプードルを抱えた町田啓太
【スクープ】町田啓太が4才年上女優・玄理と熱愛 町田がべた惚れしアプローチ、すでに同棲中
女性セブン
いじめ報道に苦しみ1年間、極秘通院していた
泉ピン子、えなりかずきと事実上和解か いじめ報道に“本当はつらかった”と漏らす
女性セブン
原監督もかつて女性問題を巡って…(時事通信フォト)
坂本勇人の女性問題に甘い巨人 過去の“原監督1億円事件”への再注目を避けたい側面も
週刊ポスト
茂木敏充・幹事長の対応が原因?(時事通信フォト)
「言ったよね?」茂木敏充・自民党幹事長に激昂された党職員、その日を境に職務を外され異動
週刊ポスト
2008年に退任した岡田氏が、再び阪神の監督に就任すると報じられた(時事通信フォト)
岡田彰布氏が阪神の新監督へ 球団首脳が一致と報じられた「平田勝男二軍監督の昇格案」はいかに消えたのか
NEWSポストセブン
西山茉希の姿
西山茉希「本気ミニスカも気だるいジャージもどっちも真実」恋する母のリアルな日常
NEWSポストセブン
ファンは勝利を望んでいる(時事通信フォト)
2年連続シーズン負け越しの巨人 原辰徳監督と坂本勇人に「責任を取るべき」の指摘が
NEWSポストセブン
渡辺社長が乗ったベントレー(SNSで拡散されている動画より)
《てめぇ、なに曲がってきたんだよ》ベントレーで逆ギレ交通事故の老舗和菓子「船橋屋」社長、職人8割辞めた強引経営の過去
NEWSポストセブン
友人代表として「追悼の辞」を読み上げた菅氏(写真/JMPA)
菅義偉・前首相の弔辞に現場のマスコミ陣もすすり泣き 「銀座の焼き鳥屋」エピソード
NEWSポストセブン
独特のスタンスで2度目の賜杯を手にした玉鷲(時事通信フォト)
優勝の玉鷲 白鵬のモンゴルグループと交わらない姿勢貫き“鳥取事件”にも参加しなかった独自の立ち位置
NEWSポストセブン
国外避難は長期化している(写真/AFP=時事)
ウクライナ避難民女性と日本人身元保証人にトラブル続出 色恋からこじれるケースも
週刊ポスト
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン