国内

庭園タイプの樹木葬墓地も ビルに囲まれた花のオアシス

「公園タイプ」の樹木葬墓地・小平霊園

 先祖代々のお墓はもう遠い過去のものなのか――ノンフィクションライターの井上理津子さんがさまざまな形態、さまざまな声を見聞きする「お墓をめぐる冒険」を続ける中で、これまで誰しも当たり前に持っていたお墓に対する価値観が大きく変わっているのを感じずにはいられない。井上さんが庭園タイプの墓地についてリポートする。

 * * *
 最近、都心等に近頃めきめき増えているのが「庭園タイプ」の樹木葬墓地だ。

 訪ねたのは、東京都港区の浄土宗・道往寺。坂道に面していて、吹き抜けの地階にある大手葬儀社・公益社の葬儀会館が先に目に入り、「あれ?」と思ったが、その左手に道往寺の入り口があった。塀に「永代供養墓 納骨堂 50万円から」と大きく書かれている。葬儀会館の階上に建つ、スタイリッシュな建物が道往寺で、境内に色とりどりの花が咲く樹木葬墓地があった。

「4年前、本堂の建て替えにあたって住職が『聖と俗』の部分を切り離す英断をしたんです」と、樹木葬墓地の販売を担当する株式会社アンカレッジ社長の伊藤照男さん(41才)が言う。

 公益社の葬儀会館は、お寺の建物の一部を貸しているものでいわば「俗」。もう一つの「俗」がお墓の販売や集客。アンカレッジは住職が出資して設立された。樹木葬墓地の企画、運営は、伊藤さんたちに委ねられているという。

「女性目線を最大に意識して造った樹木葬墓地なんです。自分ちのお墓がなくても、ワンちゃんを連れてお散歩したい感じでしょう?」

 まったくそのとおりだ。今が満開とばかり、赤、ピンク、白、オレンジのバラが咲き誇り、足元にはパンジー、レースフラワー、カタバミ…。合計130平方メートルほどと広くはないし、近隣のビルに囲まれた空間なのに、別天地。見事な洋風ガーデニング、花のオアシスだ。

 花と緑の間に埋め込まれた石のプレートがお墓だった。「なんと小さい」と思ったのが、1人用のお墓で、石のプレートは10cm×5cm。夫婦用は33cm×40cm、家族4人用は33cm×56cm。「ちょっと窮屈だけど、花園で眠るのは、気分いいかも」が、正直な感想である。

 カロートが、石プレートの下の地中に設置されている。1人用は粉骨を袋に入れ、さらにステンレスの壷に入れる。夫婦用は1人用と同様あるいは骨壷で、家族用は骨壷で納骨。位置と石の質にもよるが、1人用が50万円~(年間護持会費不要)、夫婦用が140万円~(同1万円)、家族用が180万円~(同1万5000円)。“費用対面積”は結構高いもよう。

「敢えて価格訴求をしていないんです。マーケティングの結果、『大層な石塔は要らない。花咲く地中に眠りたい』という、半径3km以内に住む人たちに照準を当てていますから。世帯年収800万~1200万円、64~70才がコアゾーンです」

関連キーワード

トピックス

誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
佐藤浩市
佐藤浩市の役作り「どんな役でもプライベートな体験と重ねることはない」
女性セブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
「日本はいずれ存在しなくなるだろう」の真意は?(写真/AFP=時事)
イーロン・マスク氏「日本はいずれ存在しなくなるだろう」“衝撃予言”の真意
週刊ポスト
上島竜兵さんの言葉に松本人志氏は「深い」と言っていた
上島竜兵さん追悼で涙ぐんだ松本人志「“聞いてないよぉ”は画期的」と絶賛していた
NEWSポストセブン
巨大ハプニングバー「眠れる森の美女」で押収された衣装など(時事通信フォト)
日本最大級のハプニングバーが摘発 業態そのものが「もう限界」の声
週刊ポスト
真相は…
天心vs武尊の仕掛け人RIZIN榊原信行代表「反社交際音声流出」記事に反論【前編】
週刊ポスト
悠仁さまはクラスに馴染もうとされているという(時事通信フォト)
悠仁さま「校内でも常に警護」 筑附名物行事中止で遠のく「高校デビュー」
週刊ポスト
妻・国分佐智子と歩く林家三平
国分佐智子の美貌健在「落語界一の美人妻」抱える林家三平にTikTokナンパ疑惑
NEWSポストセブン
2009年、映画『カールじいさんの空飛ぶ家』いい夫婦プレミアム試写会に出席した上島夫妻
上島竜兵さん、志村けんさん逝去後に呟くようになった「寂しさ」と家計を支えた妻・広川ひかるとの夫婦愛
NEWSポストセブン
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン