ライフ

創業200年超の浅草の鰻店 勝海舟とジョン万次郎も来店

創業約210年、鰻の「やっこ」の「うな重 桜」

 観光客が往来する東京・浅草の雷門通り。鰻料理店「やっこ」の店内に一歩足を踏み入れると、ステンドグラスの光が差し込む大正浪漫の世界が広がる。創業は200年以上前の江戸・寛政年間。老朽化により25年前に建て直され今の姿になったが、創業当時から変わらぬ場所で営業を続ける。

 幕末には勝海舟とジョン万次郎が連れ立って足を運んだ。万次郎は鰻をわざと残して折り詰めで持ち帰り、恵まれない人に与えたという逸話も残っている。夏目漱石は『虞美人草』のなかで、「ある人に奴鰻を奢ったら、おかげさまで初めて旨い鰻を食べましてと礼を云った」 と登場させた。

 肉厚で脂がのった特選うなぎを使った「うな重 桜」(4100円)には肝吸いとお新香がつく。蓋を開けるとたれの香りが辺り一面に漂う。身がくずれる直前まで柔らかく蒸し、秘伝のたれにつけ、30年以上の鰻職人が備長炭で丁寧に焼き上げる。入口を入ると店内は大正ロマンの雰囲気が漂う。

「ジョン万次郎さんのご子孫は今でもいらっしゃいます」(矢野昌宏社長)

 鰻は時々に応じて最良の産地から仕入れる。香ばしく焼き上げられた身は、箸を入れるとふわりと柔らかくくずれる。下町浅草で、江戸っ子に愛され続けてきた味がここにある。

【やっこ】
住所:東京都台東区浅草1-10-2
営業時間:11時半~20時45分(LO)
休日:水曜(祝日の場合は営業)

撮影■岩本朗 取材・文■戸田梨恵

※週刊ポスト2017年6月23日号

関連キーワード

トピックス

誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
真相は…
天心vs武尊の仕掛け人RIZIN榊原信行代表「反社交際音声流出」記事に反論【前編】
週刊ポスト
尹錫悦・大統領(右)の対日協調路線は、李在明氏の影響で…(写真=AA/時事、AFP=時事)
韓国・尹錫悦大統領、ライバル・李在明氏の国政進出で早くも反日転向か
週刊ポスト
悠仁さまはクラスに馴染もうとされているという(時事通信フォト)
悠仁さま「校内でも常に警護」 筑附名物行事中止で遠のく「高校デビュー」
週刊ポスト
良原安美アナ
『サンジャポ』抜擢のTBS・良原安美アナ 「読書家」の素顔明かす
NEWSポストセブン
二階派に動き?(時事通信フォト)
二階俊博・元幹事長に不気味な存在感 日韓関係修復で総理を出し抜く計画か
週刊ポスト
分裂抗争再燃か(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
神戸山口組幹部自宅に車両突っ込み 分裂抗争再燃か、変化する六代目山口組の動き
週刊ポスト
妻・国分佐智子と歩く林家三平
国分佐智子の美貌健在「落語界一の美人妻」抱える林家三平にTikTokナンパ疑惑
NEWSポストセブン
現在アクセスしにくい阿武町公式サイトのインフォメーションページには広報誌「あぶ」のPDFを画像データ化したものが掲出されている
4630万円返還拒否24歳男性の実名公表 地元住民「移住者増えて活気が出たと思ったら」
NEWSポストセブン
2009年、映画『カールじいさんの空飛ぶ家』いい夫婦プレミアム試写会に出席した上島夫妻
上島竜兵さん、志村けんさん逝去後に呟くようになった「寂しさ」と家計を支えた妻・広川ひかるとの夫婦愛
NEWSポストセブン
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
「週刊ポスト」本日発売! RIZIN・榊原信行代表が疑惑に大反論ほか
「週刊ポスト」本日発売! RIZIN・榊原信行代表が疑惑に大反論ほか
NEWSポストセブン