芸能

整形に4億円費やしたセレブ「顔の筋肉があまり動かせない」

2017年のウィルデンシュタイン Splash/AFLO

 いつまでも若く美しくありたい──誰しもが願うことではある。特にショウビジネスの世界において美を保てるかは死活問題だろう。アメリカで開業経験があり、ハリウッドセレブの担当医も務めたことがあるプラザ形成外科(東京・渋谷区)のクレ・カツヒロ・ロバート院長が語る。

「アメリカでは、美容に関する手術はアンチエイジングの一環として一般人にとっても当たり前のものです。日本でもそうですが、最近はボトックス注射やヒアルロン酸注入、レーザーを照射してしわやたるみを改善するレーザーリフティングといったメスを入れない施術が主流です」

“一般的”だからか、アメリカでは整形を公言する人も多い。ただし、ハリウッドセレブになると、その回数も、かけたカネも桁違いになる。

 もちろん繰り返し「メスを入れる」ケースもある。例えば美術商の富豪と結婚した社交界の有名人、ジョセリン・ウィルデンシュタインは、人前に出るたびに「変貌」がタブロイド紙で話題になっている。これまで彼女が整形に費やした金額は4億円と言われ、「その代償に、彼女は顔の筋肉をあまり動かせなくなった」とも報じられている。

関連キーワード

関連記事

トピックス

愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
W杯に連続出場しているクリスチアーノ
ロナウドの2ショット(写真/Getty Images)
W杯で活躍するスター選手たち パートナーや家族とのゴージャスショット
女性セブン
スーパーセーブを見せてくれた権田選手(Sipa USA/時事通信フォト)
【W杯】日本の守護神・権田修一が「勝利直後」にカタールから日本の漫画家に送っていたメッセージ
NEWSポストセブン
上海のウルムチ路でデモは起こった
東京・新宿の「習近平退陣デモ」参加者が証言「日本に来てようやく中国共産党の恐ろしさを知った」
NEWSポストセブン
影山
すでに「やべっち超え」の声も なぜ影山優佳はサッカーファンに支持されるのか
NEWSポストセブン
みんなで応援(左から田中碧、鈴木愛理、鈴木亨。PAImages/時事、時事通信フォト)
スペイン戦決勝点・田中碧、鈴木愛理との交際にプロゴルファー父・鈴木亨も強力サポート
週刊ポスト
ハイタッチする人々
【W杯 渋谷の狂騒】スポーツバーではナンパ目的の大学生に「お前ら帰れや!」と怒号、試合後にはゴミ散乱
NEWSポストセブン
長井秀和が語る“芸能界と創価学会”「入信すれば仕事がもらえるほど甘くない」
長井秀和が語る“芸能界と創価学会”「入信すれば仕事がもらえるほど甘くない」
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
宮澤エマがスマイル
『鎌倉殿』実衣役の宮澤エマ 下積み時代も“宮澤喜一の孫”を売りにはしなかった
NEWSポストセブン