• TOP
  • 国内
  • スマホ使った小児科の遠隔医療相談サービス 海外から相談も

国内

2017.09.19 16:00  女性セブン

スマホ使った小児科の遠隔医療相談サービス 海外から相談も

遠隔によるセカンドオピニオン外来を導入した『岩井整形外科内科病院』副院長の古閑比佐志さん

 スマホを利用した遠隔医療相談サービスとして、小児科に特化したものが登場している。

『小児科オンライン』(月額4298円、月に何度でも利用可)は、病院が閉まり、救急外来が最も込み合う平日の18~22時に対応。子供についての質問や悩みを、現役の小児科専門の医師に相談できる。1回当たりの相談時間は10分で、福利厚生として導入する企業も増えている。

「子供の様子や、気になる箇所をスマホで映して見せてもらいながら相談できます。0才児を持つ母親からの相談がもっとも多く、タイ、ブラジルなど、海外在住のかたから、日本のスタンダードが知りたいと相談されることもあります」(同サービス代表で小児科医の橋本直也さん)

 不安や孤独に陥りがちの子育てに、小児科医のアドバイスを気軽に取り入れることが可能だ。

※女性セブン2017年9月28日号

関連記事

トピックス