スポーツ

高梨沙羅 額に輝く「バスクリン」の秘密

入浴CMの予定はないとのこと(共同通信社)

 今季W杯未勝利のまま平昌五輪本番を迎えることになったスキー・ジャンプ女子の高梨沙羅(21)。試合後も今季は表情を曇らせることが多かった。ただ、どうにも気になるのは、国際大会なのに、「おでこ」に大きく表示された“カタカナ”だ。

〈バスクリン〉──。競技中のヘルメットも、試合後にかぶるニット帽も高梨の額の部分に大きく、入浴剤「バスクリン」のロゴがある。

「プロ宣言した高梨は、スポーツ用品メーカーはもちろんのこと、化粧品会社まで幅広くスポンサー契約を結んでいます。ウィンタースポーツの選手はメディア露出の機会も限られるのでさほど大きな契約にはならないが、高梨は数少ない例外。CM出演料は1本約1000万円といわれています。

 競技中の額の部分という“絶好の位置”を確保しているのが『バスクリン』ですが、スポンサー料はCMギャラから考えて数百万円ほどでしょう。試合後インタビューのたびに各局のスポーツニュースで必ず写り込むから、効果は抜群です」(広告代理店関係者)

 ファンとしては昨季までに比べると、物足りない成績が続いているが、「彼女が凄いのは『負けてもニュースになる』ところ。W杯通算53勝という輝かしい経歴があるからでしょう」(同前)といい、今季も高い宣伝効果は続いているよう。バスクリン広報部の担当者は淡々とこう答える。

「複数のスキー・ジャンプの選手と契約しており、スポンサー料はまとめてスキー連盟に支払っています。金額は非公表です。高梨さんの額のロゴは目立つ場所にあるので宣伝効果は高いと思いますが、契約料を通して選手の支援をしたいという考えなので、当社の製品が売れるかはあまり考えていません。五輪では規定上、ロゴは外れることになりますが、よい成績を収めてほしい」

 入浴中の発汗効果で知られるバスクリンだが、2月12日の五輪本番で高梨が大ジャンプを飛ぶかに“冷や汗”をかくわけではなさそうだ。

※週刊ポスト2018年2月16・23日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

デザインした服は多くの芸能人にも愛された三宅一生さん(写真は2001年、時事通信フォト)
イッセイミヤケ、芸能人にもファン多数 美輪明宏、楠田枝里子…愛された理由 
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
最近は工場勤務だった山上容疑者(中学生の頃の容疑者。卒業アルバムより)
山上徹也容疑者の母親は会見で何を語るのか 伯父の家を出て「大阪の支援者」のもとで過ごす今
NEWSポストセブン
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
海賊版サイト「漫画村」に無断掲載され、約19億円の損害賠償の対象となった漫画作品(時事通信フォト)
漫画の海賊版被害 深刻なダメージを受けているのは有名作品だけではない
NEWSポストセブン
語学力抜群の小島瑠璃子
小島瑠璃子が中国留学を発表 語学レベルは「北京・清華大学も射程圏内」の驚異
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
姉妹でCMギャラに差も?(左から広瀬アリス、広瀬すず/時事通信フォト)
広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由
週刊ポスト
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
起用でも二転三転が目立ち、ファンから戸惑いの声(時事通信フォト)
最下位低迷の中日 立浪和義監督の采配に「目指す野球の方向性が見えない」の指摘
NEWSポストセブン