ライフ

「資さんうどん」規模拡大は、うどん文化の多様性の象徴だ

地元・北九州では熱烈な支持を得る(公式HPより)

 日本の多様な麺文化のなかでも、近年、最も勢いを感じさせるのが「うどん」ではないだろうか。食文化に詳しい編集・ライターの松浦達也氏がレポートする。

 * * *
 ほんの数年前まで、うどんと言えば讃岐うどんだった。いや、現在でもそうかもしれない。2018年4月現在の数字を見ると、店舗数では国内最大の「丸亀製麺」が796店舗、ブームに先鞭をつけた「はなまる」が465店舗。この2店舗だけで全国に1200以上の店舗を構えている。

 もっともこの数年で讃岐以外にも、国内のさまざまなうどんに光が当たりだした。価値の多様化が進行し、いわゆる「コシ至上主義」からの脱却も見られるようになった。メジャーメディアでは『dancyu』2013年4月号のうどん特集内で『三大「ふにゃふにゃ」うどんの主張」として「伊勢うどん」「京うどん」「博多うどん」が取り上げられている。

 それから数年が経ち、いま九州のうどんに熱い視線が注がれている。上記の記事にもあるように、全国的には九州のうどんは「やわうどん」として知られているが、近年までは九州に地縁のある人以外に「うどん」の存在はあまり知られていなかった。

 それにはいくつかの理由があるが、先行するラーメンブームによって「九州の麺と言えばラーメン」という刷り込みがなされていたのも大きい。観光名所だった屋台や深夜まで営業している名物居酒屋などで提供されていたこともあり、全国から訪れる観光客にとって「九州の麺=とんこつラーメン」という刷り込みが先になされてしまったのだ。

 もっとも九州人や福岡出身者、さらにはディープな博多好きのなかにはソウルフードとして「うどん」を挙げる人も少なくなかった。1966年に創業した「ウエスト」はうどんを中心に居酒屋や焼肉などさまざまな業態で約150店を展開しているが、つるつるとやわらかい口当たりにもっちりとした食感のうどんは九州の多くの県で人気が高い。

「やわ系」の代名詞と言えば福岡を中心に18店舗を展開する「牧のうどん」だろう。もともと地元では人気のローカルチェーンだったが、「(いい意味で)コシがない」「(つゆを吸って)麺が増える」うどんとして、この数年県外でも人気がブレイク。好事家の間で人気となっている(僕も大ファンである)。

 福岡のうどんは広いすそ野に支えられている。1951年創業の老舗「因幡うどん」も福岡市内に数店舗を構えているし、「かろのうろん」「みやけうどん」など地元に根づいた人気の個人店もある。「大地のうどん」のように東京に進出した気鋭の店舗もある。

 その九州のうどんに新たな全国的スターが現れる兆しがある。今年3月30日投資ファンドユニゾン・キャピタルが「株式会社資さんの株式取得に関するお知らせ」というリリースを発表した。そのリリースには株式取得した旨に加えて、以下のような文面が綴られていた。

関連記事

トピックス

最近は工場勤務だった山上容疑者(中学生の頃の容疑者。卒業アルバムより)
山上徹也容疑者の母親は会見で何を語るのか 伯父の家を出て「大阪の支援者」のもとで過ごす今
NEWSポストセブン
「安倍氏の後継者にふさわしい人物は誰か」というテーマで識者26人にアンケート(写真は萩生田光一氏/時事通信フォト)
【緊急アンケート】安倍晋三氏の後継者 1位・萩生田光一氏、2位・高市早苗氏
週刊ポスト
起用でも二転三転が目立ち、ファンから戸惑いの声(時事通信フォト)
最下位低迷の中日 立浪和義監督の采配に「目指す野球の方向性が見えない」の指摘
NEWSポストセブン
語学力抜群の小島瑠璃子
小島瑠璃子が中国留学を発表 語学レベルは「北京・清華大学も射程圏内」の驚異
NEWSポストセブン
渋野日向子
渋野日向子「調子の波、大きすぎ?」 予選落ち連発から全英3位で、スイング改造の是非に議論再燃
NEWSポストセブン
戸田さんを『地獄の黙示録』の字幕翻訳に抜擢してコッポラ監督とは長く親交が続く(時事通信フォト)
字幕翻訳家・戸田奈津子さん 根底にある「自分のことは自分で決める」という哲学
女性セブン
日本テレビの浦野モモアナに期待が集まる
ポスト水卜麻美アナに急浮上 日テレ2年目・浦野モモアナ、特技は「大食い」
週刊ポスト
姉妹でCMギャラに差も?(左から広瀬アリス、広瀬すず/時事通信フォト)
広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松本若菜の姿を目撃
ブレイク女優の松本若菜「圧倒的美スタイル」と「意外な私服」に六本木が揺れた夜
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン