ライフ

ネコの『トラとミケ』がイラストで案内する「名古屋めし」

「ねこ画展」で大反響を呼んだ描き下ろし巨大画に加筆して大公開(イラスト/ねこまきさん)

 今春、ねこ好きの間で大きな話題を呼んだ「ねこ画展」をご存じだろうか。ねこを描いた人気作家8人の作品が一堂に会した展覧会は、7月上旬に惜しまれながら終了した。その展覧会のために、本誌・女性セブン連載『トラとミケ』の作者・ねこまきさんが描き下ろしたのが、大判ビジュアルパネルの「名古屋めし」だ。

 たくさんの人を魅了した作品に新たに加筆したスペシャル版を、今回お届けする。グルメ激戦区として知られる名古屋のどえりゃーうみゃー名物料理の数々を隅々までご堪能を!

「ねこ画展」の期間中、展覧会を催した東京・水道橋の「ギャラリー・アーモ」には毎週末、長い行列ができた。おかべてつろうさんやくまくら珠美さん、クラミサヨさん、柴田ケイコさんなどが描いた「ねこ画」が150点以上展示され、老若男女が思い思いに作品を見つめ、写真を撮る姿があった。

 その会場に入ってまず目に飛び込んだのが、ねこまきさんの大判ビジュアルパネル「名古屋めし」だ。『トラとミケ』でもたびたび描かれる「どて煮」や「味噌串カツ」など名古屋の名物料理と、それを愛でるようにねこたちが描かれた作品は、とりわけ大きな話題を呼んだ。「ねこ画展」の人選を行ったねこ好きの聖地「猫本専門 神保町にゃんこ堂」のアネカワユウコさんはその反響ぶりをこう振り返る。

「ユルかわいい作品を目の前にして頬がゆるんでしまうというか、骨抜きになってしまうというか、ねこまきブースに足を踏み入れた瞬間、思わず声が出ちゃったような『ひゃあ~』という反応がよく見られました」

 ねこまきさんといえば、来春、動物写真家・岩合光昭さんが初めて監督を務める映画『ねことじいちゃん』の原作をはじめ、数々のベストセラー作品がある。その魅力についてアネカワさんが続ける。

「ねこの特徴と同様、外見はユルかわいいが、媚びていないところ。『トラとミケ』の作品説明にもありましたが、“オチはありません”と言い切ってしまう感じ。振り幅の大きな展開がない分、読んでいて心がザワッとすることもないため、どこから読んでも心ゆくまでストーリーに浸れる安心感があります。ただただ頬をゆるめて楽しみたい、という欲求を満たしてくれるのがねこまき作品だと思います」

 作者のねこまきさんはこの「名古屋めし」にどんな思いを込めたのか。

「『トラとミケ』を始めるにあたって、この作品は食べ物をおいしそうに描きたいと考えていました。名古屋の下町にある料理店『トラとミケ』を舞台に、個性あふれる常連さんたちとトラとミケの日常を描く物語ですが、今回描いた『名古屋めし』は、そんな名古屋のおいしい名物料理が詰まった作品です」

※女性セブン2018年8月23・30日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

帰国することとなるのか…
小室圭さん、3回目不合格なら日本の法律事務所復帰も 帰国を望まない眞子さんとのすれ違い
女性セブン
X社が開発を進める宮古島の土地。1200坪は東京ドームと同じ広さだ
大野智、宮古島巨大リゾートビジネス 信頼を寄せるパートナーとの関係に周囲の心配
女性セブン
羽生結弦、YouTube練習生配信で会場にファン詰めかけるトラブル マナー悪化に懸念
羽生結弦、YouTube練習生配信で会場にファン詰めかけるトラブル マナー悪化に懸念
女性セブン
極秘出産していたことでさまざまな意見が飛び交っている
【先出し全文公開】あびる優、極秘出産の内幕 前夫の才賀紀左衛門には知らせず「独身フリー、やっぱり楽だよ」
女性セブン
ロコモコ丼もペロリとたいらげるという桐谷
桐谷美玲 ”ロコモコ丼2人前をペロリ”子育てと仕事の両立を支える「旺盛すぎる食欲」
NEWSポストセブン
自身の入局当時と今の現場の違いを語る元日本テレビ・馬場典子アナ
【全6局「人気女子アナ」同窓会#4】先輩から見た水卜麻美アナ、弘中綾香アナの評価
週刊ポスト
サプライズゲストは松任谷由実 林真理子氏の日大理事長就任祝賀会に小泉元首相、鈴木亮平らが集結
サプライズゲストは松任谷由実 林真理子氏の日大理事長就任祝賀会に小泉元首相、鈴木亮平らが集結
女性セブン
吉羽美華容疑者(ブログより)
詐欺逮捕の美しすぎる市議、主犯48歳男から渡されていた“40条の愛の誓約書” 「やきもちも表現する」「愛情を無垢に与える」
NEWSポストセブン
東海オンエアのてつや・きりたんぽ・峯岸みなみ(写真/時事通信フォト)
峯岸みなみが結婚報告、お相手・東海オンエアてつやとの「キス動画」流出で活動休止のきりたんぽにさらなる同情が集まった理由
NEWSポストセブン
平田徹氏
横浜元監督・平田徹氏が明かす「退任の無念」とPL学園元コーチとの“再出発”【前編】
NEWSポストセブン
平手友梨奈と竹内涼真
平手友梨奈の演技に竹内涼真が気遣い 『六本木クラス』撮影現場の和気あいあい
NEWSポストセブン
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン