• TOP
  • ライフ
  • 濱口竜介新作は恋愛の不可思議さ・過激さを純愛映画的に描く

ライフ

2018.09.13 07:00  SAPIO

濱口竜介新作は恋愛の不可思議さ・過激さを純愛映画的に描く

 恋愛は魔物。ときに身を滅しかねない。

「ハッピーアワー」で高い評価を得た濱口竜介監督の新作「寝ても覚めても」は、恋愛という魔物の不可思議さ、過激さを、まるで純愛映画のように描いている。原作は芥川賞作家の柴崎友香。

 大阪で暮す朝子(新人の唐田えりか)は、写真家、牛腸茂雄の写真展を見に行き、そこで会った麦(東出昌大)という若者と恋におちる。恋愛は一瞬。理屈はない。

 二人は若々しく愛し合う。ところが、ある日、麦が突然、「靴を買いに行く」と言ったきり、姿を消してしまう。恋愛は生まれるのも、終わるのも突然。

 二年後、朝子は東京の喫茶店で働いている。そこで、亮平(東出昌大、二役)という日本酒メーカーで働く若者に出会う。亮平は不思議なことに失踪した麦にそっくり。朝子は戸惑いながらも、自分のことを好きだという亮平を受け入れ、一緒に暮し始める。

 麦が風来坊だったのに対し、亮平は堅実な会社員。麦との関係が非日常だったとすれば亮平との暮しは穏やかな日常。朝子の気持は二人のあいだを揺れ動く。

関連記事

トピックス