ライフ

育児の新常識、「抱き癖つけると泣くようになる」は間違い

昔と比べ、育児法も変わった(イラスト/やまなかゆうこ)

 世の中の常識は時代に寄って変わるもの。それは子育ての常識も同じだ。たとえばかつては「赤ちゃんの日光浴は健康にいい」とされていたが、今は「長時間の日光浴は健康に悪影響」というのが常識となっているという。子育て本を多数上梓する立石美津子さんが解説する。

「オゾン層の破壊から紫外線量が増えたことで、1998年の母子手帳から日光浴の記述がなくなりました。ただ近年、過度の紫外線対策により子供の『くる病』(※日光浴で得られるビタミンDの欠乏や代謝異常によって骨が石炭化して脆くなる病気)が増加。日焼けしない程度に外気を浴びて」(立石さん。以下「」内同)

 また「抱き癖をつけるとよく泣くようになる」という常識も時代遅れだ。今は「抱き癖はむしろつけた方がよい」とされている。

「泣いたらすぐに抱っこしてあげることで、自己肯定感、人に対する信頼感、愛情形成などが育まれます」

 ミルクに関する常識も変わっている。以前は「粉ミルクのほうが栄養価が高い」と言われていたが、今はそうではない。母乳のみでも栄養素は変わらない。

「初乳には免疫力を高める効果もあるため、現代は母乳育児が推奨されていますが、出ないからといって悩む必要はありません」

 また、かつては「母乳や粉ミルク以外に白湯や果汁を与える」という常識もあったが、これも今はNGとされている。

「昔は母体の栄養状態が悪かったため、母乳だけでは必要な栄養を与えられませんでした。今は、母乳や粉ミルクで足りていれば○。まだ内臓機能が発達していない赤ちゃんの腎臓に負担をかけるため、必要なしとされています」

※女性セブン2018年10月4日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

みんなで応援(左から田中碧、鈴木愛理、鈴木亨。PAImages/時事、時事通信フォト)
スペイン戦決勝点・田中碧、鈴木愛理との交際にプロゴルファー父・鈴木亨も強力サポート
週刊ポスト
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
舌鋒鋭い発言が特徴の社会学者・宮台真司氏(写真/共同通信社)
社会学者・宮台真司氏、襲撃被害の直前にツイッターユーザーと交わした過激な議論
週刊ポスト
新井恵理那アナ、佐久間みなみアナも参戦 W杯激戦の裏で女子アナ「自撮り応援合戦」
新井恵理那アナ、佐久間みなみアナも参戦 W杯激戦の裏で女子アナ「自撮り応援合戦」
NEWSポストセブン
宮澤エマがスマイル
『鎌倉殿』実衣役の宮澤エマ 下積み時代も“宮澤喜一の孫”を売りにはしなかった
NEWSポストセブン
「田中碧選手のファンです!」と語る2人組
「“にわか”で初めてユニフォーム着た!」渋谷で田中碧ファンのほろ酔い女性が逆転弾に大興奮
NEWSポストセブン
小倉優子が勉強
小倉優子、密着番組リニューアルでも猛勉強継続 早稲田大学以外も受験予定
女性セブン
夫・力道山の墓参りに訪れた敬子さん
「祖父は相場師、父は『麦と兵隊』に登場」力道山未亡人は家族も激動の人生だった【力道山未亡人~元日航CA・田中敬子の数奇な半生~#2】 
NEWSポストセブン
長井秀和が語る“創価学会芸能人あるある”「選挙の時だけ顔を出して小遣いを稼ぐ」
長井秀和が語る“創価学会芸能人あるある”「選挙の時だけ顔を出して小遣いを稼ぐ」
女性セブン
人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン