• TOP
  • スポーツ
  • ゴルフの常識の嘘、アプローチで「運ぶように打つ」はNG

スポーツ

2019.03.08 07:00  週刊ポスト

ゴルフの常識の嘘、アプローチで「運ぶように打つ」はNG

手首を固めるのはNG

 ゴルフの上達のためには、さまざまな“常識”があるとされる。しかし、よみうりゴルフ倶楽部(東京)所属の加藤淳プロは、そのような“常識”にとらわれているのは間違いだと指摘する。今回、本誌・週刊ポストの企画でゴルフ大好きグラビアアイドルの園都(その・みやこ)さんが加藤プロの特別レッスンを受講した。アプローチについての加藤プロのアドバイスをお届けしよう。

 * * *
 アプローチは手首を固めて、運ぶように打つと書かれたレッスン書も少なくないですが、これは間違った常識です。手首を固めてしまうと、ヘッドが不自然な動きをしたり、ヒットポイントがズレてしまったりしてトップやダフりなどのミスを招きます。

 成功の秘訣は、アプローチもショットだという意識を持つこと。距離に応じてバックスイングの大きさを変えるなどしてスイングスピードを調整しますが、まずは的確にボールをヒットすることが重要です。そのためにはインパクトポイントやヘッドの最下点のイメージがある、いつものスイングできれいな弧を描くことです。

 クォータースイングがアプローチの基本動作となりますが、手首を固めるのはNG。手首を固めると自然なリストターンができません。最下点がある綺麗な弧を描くことでミスショットは激減します。

 それに重要なのはフォロースルー。両腕で作る二等辺三角形を保ちながら左右対称のイメージでスイングしましょう。

【プロフィール】
◆かとう・じゅん/49歳。よみうりゴルフ倶楽部所属プロ。大学ゴルフ公開講座等の講師を務め、行動心理学を基本にしたレッスンに定評がある。

◆その・みやこ/1992年、徳島県生まれ。グラビアアイドルとして雑誌などで活躍。趣味はゴルフと温泉巡り。

撮影■藤岡雅樹 取材・文■鵜飼克郎

※週刊ポスト2019年3月15日号

関連記事

トピックス