スポーツ

ノーコン藤浪晋太郎、囲み取材時競馬中継に釘付けで記者呆然

虎ファン期待の藤浪は大丈夫なのか

 もうすぐペナントレース開幕。全球団を“優勝候補”として書けるタイミングだが、「とても紙面には書けないヤバイ話」を番記者たちは日々耳にしている。記者たちが、その「取材メモ」を明かした。

セ球団担当記者A:OB陣が“再生”にやいやい口出しをするのは、阪神の藤浪(晋太郎、24)。右打者を相手にすると、あのイップス気味のノーコン癖が突然“発病”する。2月24日の中日戦でも右打者の頭部付近、左肩へと2球連続ですっぽ抜け。3月からスリークォーター気味に腕を下げましたが、一球ごとにフォームがバラバラです。

在阪スポーツ紙デスクD:だからどの球団も右打者を守ろうとする。ソフトバンク戦(3月2日)でも2イニングで対戦した7人のうち右打者3人全員に左の代打が送られた。この時期はあんまり批判的な記事も書けないから、代打の件に触れずに見出しを打った新聞もあった。けど、さすがにあれはフォローしきれないよ(苦笑)。

パ球団担当記者C:今季まともに投げられないと3年間稼動していないことになるので、放出話まで出始めているが、“行き先”として取り沙汰されるのはパの球団ばかり。阪神の打者が“被害者にならないように”という願望も混じっているのかも。

セ担当A:周囲の心配を知ってか知らずか、藤浪はソフトバンク戦の登板後、球場内の通路での囲み取材の最中に、近くにあったテレビの競馬中継に釘づけになっていたそうです。武豊騎手の大ファンだそうですが、記者連中は「見ていられる立場じゃないだろ」と呆れていました。

※週刊ポスト2019年3月22日号

関連記事

トピックス

「完封デート」の小笠原慎之介選手(時事通信)
中日・小笠原慎之介“北川景子似美女”と焼肉→ホテルの「完封デート」撮 “モテないキャラ”も育んでいた遠距離愛
NEWSポストセブン
松本潤
松本潤、新会社の登記簿に「仮想通貨の企画」「美容サロンの経営」「農業」の項目 幅広い人脈から見えるビジネスの勝算
女性セブン
トンボ論文で話題になった悠仁さま
悠仁さま「トンボ研究」が一段落 赤坂御用地内の御池の改修工事は10年の沈黙を破って再開
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
「リコ的に“年下に舐めた態度をとられた”」17歳女子高生を橋から落とした21歳容疑者が引けなくなった「イキリ体質」証言【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
都知事選出馬表明の石丸伸二氏にオバ記者が突撃!「大学時代の交際歴はない」「読んだ漫画は2万冊超」…その素顔に迫る
都知事選出馬表明の石丸伸二氏にオバ記者が突撃!「大学時代の交際歴はない」「読んだ漫画は2万冊超」…その素顔に迫る
女性セブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
自転車で牧場を回られる陛下、雅子さま、愛子さま
愛子さまが御料牧場でタケノコ掘り、ご一家でのサイクリング、愛猫&愛犬…貴重な写真を公開
女性セブン
大谷翔平
大谷翔平の妻・真美子さんを悩ませる“悪質グッズ” ツーショット生写真や偽造免許証がフリマサイトに出品される
女性セブン
内田容疑者
橋から17歳女子高生を突き落とした内田梨瑚容疑者(21) 中学時代に起こしていた着替え画像拡散いじめ「ターゲットを激しく入れ替えて…」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
三田寛子、夫・中村芝翫と愛人の“半同棲先”に怒鳴り込んだ「絶妙タイミング」 子供たちも大事な時期だった
週刊ポスト
高級寿司店でトラブルが拡散されたA子さん(寿司の写真は本人SNSより)
《高級寿司店と炎上の港区女子に騒動後を直撃》「Xの通知が一生鳴り止まないんじゃないか」大将と和解後の意外な関係
NEWSポストセブン