ライフ

主人も客も気持ちが熱い!山笠大好き博多っ子が営む角打ち

2年前にテーブルを増やし、角打ちスペースが広がった

 出張で博多にやって来た多くのサラリーマン(もちろん、角打ちファン)の言葉を借りれば、「JR博多駅まで徒歩5分という立地は文句なしに大きな魅力。でも、それ以上に素敵な魔力をこの店は持っているんですよ」となる。

 店の名は『大久保酒店』。大正元年創業で、店主は4代目の森田敬二郎さん(42歳)。当地の夏、最大のイベント博多祇園山笠(7月1日~15日開催)が大好きな博多っ子ということで、気持ちがいつも熱い男なのだが、角打ちに対してもそれに負けない熱量を持っている。

「大久保酒店創業者の一人娘と結婚した祖父(森田治さん)が、しばらくして、角打ち営業を始めたんです。正確な時期は不明ですが、自分が幼稚園の頃、店で飲んでいるお客さんたちがすごく楽しそうだなって思った、その印象が強烈な記憶として残っているんです。私が店を継いだら、絶対に角打ちをやるんだという気持ちは、その頃もう芽生えてたみたいです」。

 父親(3代目・晃弘さん)の時代に、角打ちは一度姿を消したが、溢れる熱量を持ち続けたまま32歳で店を継いだ彼が、9年前に復活させたのだ。

「明るいし頼れるし、彼みたいな人を男前っていうんだよな」との常連客評がある、そんな彼を慕って集まる客たちが、これまた熱気を醸し出してくれる。

「屋台で知られる博多ですが、角打ちの店も多いんですよ。東京から転勤してきて、そこは喜びでした。何軒かを飲んで回って、1年前にここにはまりましてね。安く飲めてつまみとして出してくれる料理の種類も多いし、これがめちゃうまい。しかし、それより何より、大将が誰もが惚れちゃうような輝きを持っている人なんですよ。東京の元同僚、こっちの部下、それから取引先の人たちを彼に会わせたくて連れて来るんだけど、みんなすぐに好きになって、昔から通っているような顔で楽しんでますね。初対面の相手なのに、会って2分で連れて来ちゃったこともあります。その人も、もはや常連です」(40代、営業)

「ずいぶん通わせてもらっていますが、もうすぐ定年。できたらそのお祝いをここでやってもらいたいって夢を勝手に持っているんですよ。だって、大将のお陰で充実し数年だったし、いい友人も増えたし。考えればここが私の人生で一番の熱い場所なんですからね」(60代、公務員)

関連記事

トピックス

初入閣したものの、Twitterでの反応が自民党内でも物議を醸している(時事通信フォト)
高市早苗氏の“入閣に不満”投稿は政調会長ポストを奪った萩生田光一氏の「統一教会問題」を痛烈意識か
NEWSポストセブン
小島瑠璃子の美ボディが話題になっている
小島瑠璃子の中国進出は成功するか バラエティースキルを活かせるかは未知数、反日感情の影響も
NEWSポストセブン
14日聖望学園戦9回表、内角の球をライトスタンドに運ぶ大阪桐蔭3年・松尾汐恩(時事通信フォト)
大阪桐蔭の「扇の要」松尾汐恩を開花させたショートからキャッチャーへの転向秘話
NEWSポストセブン
元NHK・内藤裕子アナが入局当時のエピソードを語る
【全6局「人気女子アナ」同窓会#2】民放が参考にしていたNHKのアクセント
週刊ポスト
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン
左から元NHK・内藤裕子、元日本テレビ・馬場典子、元テレビ朝日・石井希和、元TBS・竹内香苗、元テレビ東京・亀井京子、元フジテレビ・中村仁美
【全6局「人気女子アナ」同窓会#1】給料、社食…新人時代はクレーム対応も
週刊ポスト
約1万5000人の犠牲者を出した、1945年6月7日の大阪空襲。消火活動を行なう町の人々(カラー化/渡邉英徳)
AI技術と人の記憶によるカラー化でよみがえる「戦時下ニッポンの市民たち」
週刊ポスト
実質的には再放送にもかかわらず、高い視聴率を記録した(NHK公式サイトより)
中森明菜『伝説のコンサート』が驚異の視聴率4.6% 紅白出場への期待も高まる
NEWSポストセブン
バイタリティーあふれる山田くん
『笑点』座布団運びの山田くん、知名度活かして介護業に参入「高齢者施設」を来年開業
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン