ライフ

上皇・上皇后両陛下が愛した日本の美食 蕎麦など4種類

『本家尾張屋 本店』の「せいろ」

 いよいよ「令和」の時代が始まる。上皇・上皇后両陛下はお忍びで各地を訪れ、お気に入りの味覚を楽しまれた。

 約40年前、皇太子だった陛下が京都御所を発つ直前に召し上がったのは、創業550余年、京都の老舗「本家尾張屋」の蕎麦だった。先代店主の妹・金井秀美氏は「お見送りの際、その場にいた一人ひとりにお礼を伝えておられたのをよく覚えています」と振り返る。

 陛下が愛するもう一つの“京の味”は、フランス料理「ぎをん 萬養軒」のサラダドレッシング。自家製マヨネーズがベースのまろやかな味わいで、いつでも召し上がれるようにと陛下の料理番にレシピが伝えられた。

「ぎをん 萬養軒」のサラダドレッシング

 御成婚時には、長崎名産の高級珍味・からすみが献上された。

「社長だった祖父自ら、東京まで持参したと聞いています」(「小野原本店」専務取締役・小野原善一郎氏)

「小野原本店」の本からすみ

 両陛下が2013年に福島県桑折町を訪れた際に供されたのが、地元名産の桃「暁星」。

 2011年の原発事故で風評被害に直面するなか、対面した桃農家・八木沼康明氏は、「陛下は皇后様(当時)に『美味しいね』と仰り、残さず召し上がり、励みになりました」と思い出を感謝と共に懐かしむ。

福島の「暁星」

※週刊ポスト2019年5月3・10日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
女性セブン
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
NEWSポストセブン
佐々木朗希の投球動作
佐々木朗希のフォークは「もっとよくなる!」 フォークの神様・杉下茂氏が提言
NEWSポストセブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
台湾、日本で人気沸騰の林襄
台湾プロ野球の可愛すぎるチアリーダー・林襄 ダンス練習と読書を欠かさない努力家
週刊ポスト
『相棒』起用が発表された寺脇康文
寺脇康文の『相棒』再登板が示した「不仲説」のウソと“消えた”相棒候補たち
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン