国際情報

中国で11歳女児が動画配信主に約3200万円の投げ銭をした末路

動画サービスを巡るトラブルが続出

 ネットの動画サービスは中国でも破竹の勢いだが、案の定、事件にも事欠かないようである。現地の情勢に詳しい拓殖大学海外事情研究所教授の富坂聰氏がレポートする。

 * * *
 かねてから深刻な社会問題にもなっている「中国版ユーチューバー」と呼ばれる「直播」(ライブ)のキャスターへの“投げ銭”問題が、ここにきて再び注目を集めている。

 きっかけは5月の下旬、多くのメディアが掲載した記事である。そのタイトルは、〈11歳の女の子 ライブのキャスターに200万元近い“投げ銭”! このカネはどうやって回収されたのか〉である。

 党中央機関紙『人民日報』などたくさんのメディアが掲載した。記事によれば、11歳の女の子は小学5年生になったばかり。ネットのライブストリーミングで個人発信をしているキャスターと知り合い、コミュニケーションをとるうちにのめり込み、言葉巧みに“投げ銭”に誘導されたという。

 といっても金額が200万元では、子供のミスでは済まされない額だ。対日本円で人民元が下がっている今でも3200万円前後の支出となるのだ。

 11歳の洋洋が、ネットを通じて知り合ったのは4人のキャスター。洋洋からすればいずれも「お兄さん」であり、「お姉さん」だったが、なかには洋洋が「娘」と呼んでいたキャスターもいて、そのキャスターも11歳の洋洋を「お母さん」と呼んでいたというから不思議である。

 いずれにせよ洋洋は、母親のスマートフォンを使い、そのなかにあるカードから支払いの手続きをしていた。母親が買い物をするときに見て、暗証番号を知っていたというのだ。

 ここまでは、これまでもさんざん話題になってきた問題だが、今回の焦点は、そうした被害に遭った保護者が、キャスターに振り込まれた金を回収できたという話である。記事中でコメントを寄せている弁護士によれば、9歳から18歳までの場合、保護者が知らないところで手続されたことを証明できれば、そうしたお金は回収できるというのだ。

 それにしてもマンションが変えてしまえるほどの金額がスマホ一つで動かせてしまう環境にも驚かされるニュースである。

関連キーワード

関連記事

トピックス

赤レンガの建物を前に写真を撮る久慈(本人のインスタグラムより)
久慈暁子、 NBA渡邊雄太と婚約発表直前のフィラデルフィア「匂わせ写真」 『めざまし』卒業直後に渡米デート
NEWSポストセブン
投資家になりビザ取得を目指すとの噂もあるクイックシルバーT着用の小室氏
小室圭さん、投資家転身か 眞子さんが皇族だった30年で得た1億円以上が軍資金に?
女性セブン
雅子さまと紀子さまの共演
雅子さまと紀子さま「全国赤十字大会」にご出席 3年ぶりに妃殿下方がお揃い
女性セブン
リラックスした姿も神々しい
天海祐希の若手俳優を励ます言葉の力 広瀬すずは助言で変化、伊藤沙莉も影響受ける
女性セブン
バンド活動がいちばん楽しいと語っていた綾野
綾野剛 “音楽性の違い”で山田孝之と衝突か ユニットからは1人だけ外される
女性セブン
Aクラスとの差が開いてきた立浪中日(時事通信フォト)
遊撃起用の高橋周平が拙守連発 中日・立浪監督の采配に「迷走している」の指摘
NEWSポストセブン
松田翔太と秋元梢がすれ違い
松田翔太&秋元梢がすれ違い生活 背景に「お互いの強すぎる実家愛」
女性セブン
小室圭さんが投資家になる可能性は
小室圭さん 「投資家ビザ取得」の秘策が浮上、眞子さんの就労問題も解決か
女性セブン
バラエティでの活躍が目立つ竹内由恵アナ(時事通信フォト)
竹内由恵アナ バラエティ引っ張りだこなのに「古巣」に出ない理由
NEWSポストセブン
成年皇族としてのご活動に注目が集まる(3月、東京・千代田区。時事通信フォト)
愛子さま、バイデン氏御所訪問にお姿なく 雅子さまが思い描くデビューのタイミング
女性セブン
かつてはコンビを組んでいたさんま
明石家さんまの“元相方”がイベント話の詐欺で逮捕 兄弟子の哀しい転落人生
女性セブン
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン