ライフ

洗濯用の「石けん洗剤」 アレルギー改善したとの報告も

洗剤、柔軟剤の入れすぎは絶対NG(写真/PIXTA)

 汗で汚れた洗濯物の量が増える季節になった。これから梅雨シーズンが本格化すれば、さらに洗濯機を回す回数が増えてくる。

 無論、洗濯洗剤が欠かせないわけだが、洗剤選びの基準は実に人それぞれ。店頭でいちばんお得なセール品を買っている人もいれば、長年愛用しているお気に入りがある人もいるだろう。

 そもそも洗濯洗剤が広く使われるようになったのは、戦後、洗濯機の普及に合わせてだった。当初は粉洗剤のみだったが、1980年代に入ると、水でも溶けやすい液体洗剤が登場した。

 そして近年は「第三の洗剤」といわれるボール型の固形ジェル洗剤も誕生。「抗菌」「部屋干し用」「濃縮」「脱臭」など、洗濯洗剤の実力も多様化している。

 衣類やタオル、枕カバーなど毎日体に触れるものだからこそ、香りや手触りの心地よさはもちろん気になるが、健康への安全面も外せない。

 しっかり汚れを落としながら、人体へのやさしさや安全性をも両立する洗濯洗剤選びとは、いったい何を基準にすればよいのだろうか。

◆健康への安心、環境へのやさしさ、洗浄力のすべてを兼ね備える「石けん洗剤」

 安全かつ環境にもやさしいという観点から、専門家たちが口をそろえてすすめるのは、「石けん洗剤」だ。あいこ皮フ科クリニック院長の柴亜伊子さんが解説する。

「“石けん洗剤”は、いわゆる昔ながらの石けんで、牛脂、ヤシ油、オリーブ油などの動植物からとれる油脂を原料としています。これらを水と混ぜ、精製することによって出来上がります」

 洗濯洗剤には「界面活性剤」と呼ばれる汚れと水をなじませる成分が含まれ、繊維の汚れを落とすためには必要不可欠だ。石けんも界面活性剤の一種だが、石けんの場合、前述の天然成分を原料にできていることから、人工的な物質を用いた「合成界面活性剤」配合の合成洗剤に比べ、健康に安心で、環境にもやさしいとされている。

 25年前から石けん洗剤を取り入れている東京都小金井市にある白栄舎クリーニングの代表・茂木孝夫さんは、「石けん洗剤に替えたら、子供のアレルギーが改善したという人が多い」と話す。

「服を着ると体がかゆくなるとか、アトピー性皮膚炎の子供は、石けん洗剤に切り替えると症状がよくなるケースが多いのです。特に小さいお子さんは、合成洗剤による刺激や影響を受けやすいので、石けん洗剤を推奨しています。

 石けん洗剤の成分表示を見ると、『石けん素地』、『カリ石けん素地』、『純石けん分(脂肪酸ナトリウム、脂肪酸カリウム)』といったシンプルな表示しかありません。反対に、成分表のなかで『石けん』という文字が筆頭に書かれていなければ、合成洗剤と考えてほぼ間違いありません」

 添加物や合成物質に詳しいジャーナリストの郡司和夫さんも言う。

関連キーワード

関連記事

トピックス

弘中綾香アナ・田中みな実
弘中綾香アナ、資産15億円社長と結婚で「フリー転身」秒読み 田中みな実との競合は大丈夫か
NEWSポストセブン
ディナーショーを中止した丘みどり
丘みどりディナーショー中止は「秋篠宮家のせい」はデマ 広がる偽情報に名古屋観光ホテル「全く無関係」
NEWSポストセブン
アントニオ猪木へのリスペクトは数え切れない
桑田佳祐も「天皇の執刀医」も熱烈な“猪木信者” 各界のトップたちに燃える闘魂が与えた影響
NEWSポストセブン
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
女性セブン
互いに認め合い、激動の80年代を駆け抜けたふたり
中森明菜と松田聖子、認め合っていた2人 かつて飛び交った不仲説の真実
週刊ポスト
町田啓太と玄理の熱愛は5年前から
【全文掲載】町田啓太が4才年上国際派女優と“トイプードル同棲” 仕事好調の裏に彼女の支え
女性セブン
2010年3月に行われた円楽さんの襲名披露会見
逝去の三遊亭円楽さん 故・桂歌丸さんが闘病の支えに「呼びにきちゃダメだよって……」
NEWSポストセブン
ノーヘル走行が可能な電動キックボードだが……(イメージ、NurPhoto via AFP)
死亡事故が起きた電動キックボード なぜ「ノーヘルOK」にこだわるのか
NEWSポストセブン
弘中綾香アナ(2019年)
弘中綾香アナ 電撃婚の「資産15億円社長」と育んだ「マンション同フロア恋愛」
NEWSポストセブン
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さんが「サライを熱唱」し「超能力を披露」した六本木の夜
NEWSポストセブン
両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)
エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション
女性セブン
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
女性セブン