• TOP
  • ライフ
  • 100種のバラが咲き誇る英国様式の館 旧古河庭園の美しい姿

ライフ

2019.06.23 16:00  週刊ポスト

100種のバラが咲き誇る英国様式の館 旧古河庭園の美しい姿

バラが咲き誇る旧古河庭園(写真/東京都公園協会)

 古河財閥の古河家・3代目当主である古河虎之助によって造られた庭園と洋館が、東京・北区西ヶ原に残る「旧古河庭園」だ。かつては明治の元勲、陸奥宗光の邸宅があった場所だが、陸奥の次男・潤吉が古河財閥創始者の養子(後に古河家2代目当主)になったことから古河家の所有となった経緯がある。

 大正6(1917)年に完成した園内の洋館と洋風庭園は、イギリスの建築家ジョサイア・コンドルが設計を担当。洋風庭園から続く池泉回遊式の日本庭園は、京都の庭師・小川治兵衛が作庭し、大正8(1919)年に完成した。建物も庭園も竣工当時の姿を保ち、春と秋にはバラが庭に咲き誇る。コンドル晩年の傑作といわれる洋館の主構造は煉瓦造り、外壁は神奈川・真鶴産の新小松石(安山岩)の野面石積みで覆われ、重厚な雰囲気を醸し出している。

深紅の壁と白い天井のコントラストが美しい食堂(写真/大谷美術館)

ガラス張りのサンルーム(写真/大谷美術館)

2階は家族の私的エリア(写真/大谷美術館)

 古河財閥が戦後の財閥解体で手放した後、現在、庭園は東京都、洋館は大谷美術館の管理となっている。

古河虎之助(写真提供/古河機械金属)

【旧古河庭園】東京都北区西ヶ原1-27-39
〈庭園〉
営業時間:9時~17時(入園は16時半まで)
休日:年末年始
料金:一般150円、65歳以上70円
〈洋館〉
 見学は原則、往復はがきで大谷美術館に申し込むガイドツアーのみ(申込者が30人に満たない場合は、当日、現地で受け付けることもある)。
休日:不定(HPなどで要確認)
料金:一般800円

※週刊ポスト2019年6月28日号

関連記事

トピックス