ビジネス

ゴーン被告が秋に反撃の狼煙か 「ゴーン劇場」第二幕へ

視線の先ににらむものは…(写真/共同通信社)

 前代未聞の“作業員風コスプレ保釈”で世間を騒然とさせてから、はや5か月。日産自動車・元会長のカルロス・ゴーン被告(65)を巡る表立った動きはほとんどない。

「現在は裁判での争点や証拠を絞り込む公判前手続きの真っ最中。10月頭には金融商品取引法違反事件について予定主張を明らかにすることになりそうで、その書面作成に追われている状況です。時間的な猶予は僅かで、ゴーン被告も毎日のように、弁護士事務所に赴く日々です」(社会部記者)

 保釈条件となった「住居の監視カメラ」「携帯電話はメール、インターネット禁止」などの私生活の制限は続いたままだ。

「ゴーン被告にとってはストレスの募る日々でしょう。捜査関係者が今も常に行動確認に張りついているそうで、近く弁護団はその“監視体制”に抗議する意向を示している」(同前)

 私生活が著しく制限されるなかで、ゴーン被告が裁判所に要求しているのが、“妻との再会”だという。

「7月末に、キャロル夫人との面会許可申請を裁判所に提出しています。8月上旬から1週間前後の予定で、通信制限を受ける代わりに、国内であれば移動の自由が制限されない申請内容のため、夫人とどこかに出かけることも可能です。海外メディアに対してゴーン被告が“人権侵害”を受けていると猛アピールする夫人との面会が実現すれば、法廷闘争の本格化に向けてこれ以上ない“充電”になるはず」(同前)

 実際、事件を巡る現在の平穏は、嵐の前の静けさに過ぎない。

「ゴーン被告は6月末に日産と三菱自動車のオランダ子会社に、解雇は不当だとして、1500万ユーロ(約18億円)の損害賠償請求を起こした。これまで訴えられるばかりでしたが、これからは民事で反撃していくという意思表明でしょう。

 刑事事件でも裁判での主張が決まる10月以降に弁護士主導の会見を開くと見られている。検察サイドもメディアへのリーク合戦に応じていくことになるでしょう」(ジャーナリスト・伊藤博敏氏)

 秋に反撃の狼煙が上がり、「ゴーン劇場」の第二幕が始まろうとしている。

※週刊ポスト2019年8月16・23日号

関連記事

トピックス

人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
28年ぶりに『NHK紅白歌合戦』へ出場する篠原涼子
篠原涼子、28年ぶりの紅白歌合戦出場で注目集まる前回超えの「大胆衣装」
週刊ポスト
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
女性セブン
秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン
元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する
朝8時の駅前チアガール 誰に頼まれたわけでもなく通勤・通学の人々を励ます
週刊ポスト
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
女性セブン
玄関のインターフォンにうつる配達員男性
《告発》「ひとめぼれしました…」60代『出前館』配達員男が女性宅ポストに恐怖の手紙 被害者女性が耳を疑った運営元の対応
NEWSポストセブン
アントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、遺骨をめぐり“親族バトル” 娘は「猪木家の墓」への分骨を拒否
女性セブン
ヒロミと松本伊代
松本伊代「落とし穴」で骨折の重症 収録中に「人間ロケット」花火1万本で大やけどを負った夫・ヒロミの“沈黙”
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
ポーズを決める丸山容疑者
「女性を見極めるポイントは尻、足」妻殺害容疑の長野県議“女好きインタビュー”の全貌 逮捕後に即削除
NEWSポストセブン