ライフ

「酒を本当に愛する人」が笑顔で集う 大阪・天王寺の老舗角打ち

花が咲き誇るように笑顔が溢れる店内

 今や、大阪3大繁華街と称されるほどの賑わいを見せる天王寺・阿倍野地区。300mという日本一の高さを誇りそびえ立つ『あべのハルカス』を背にして、JR天王寺駅の北側に伸びる地下街・“あべちか”をぶらぶらと歩きながら地上に出ると、『花野商店』にたどり着く。

 昭和の、あの大戦以前から暖簾を掲げている酒屋であり、押しも押されもしない浪速の立ち呑み(角打ち)屋としても愛されている店だ。だが、店内に足を踏み入れた瞬間、まあ大げさに言えば、花屋もやっているのかと錯覚してしまう。

 というのも、迎えてくれた4代目店主の花野和彦さん(56歳)をはじめ、ここで角打ちをしている誰もが、花が咲きこぼれるような笑顔で楽しんでいたからだ。

「私が生まれたときから立ち呑みのできる形態の店でしたし、きょうだいで男は自分一人だけ。子どもの頃から店を継ぐ気満々でしたよ。8年前に亡くなった親父が仕切っていた時代には、気の荒いお客さんが結構いたけれど、今はええ人ばかりでね。一人で来る若い女性も増えた、毎日がそりゃあ楽しいんですよ」と花野さん。
 
 それに続いて、カウンターに居並ぶ面々が笑顔の理由を語ってくれた。

「家は近鉄の藤井寺。仕事を終えて帰る前に当たり前のように寄らせてもらってます。ご主人が誠実で、前に出すぎないのが一番。腹が膨れるような凝った料理がないのもいい。それに、音楽がないのも静かでいいですよね。そう、ここは酒を本当に愛する人のための店なんだなあとつくづく思えて、飲んでいるうちについついうれしくなってしまうってわけですよ」(60代、大学職員)。

 なるほど、酒に囲まれた店内には、ちくわ、燻製玉子、せんべいといったつまみが、ちょっとした合いの手にいかがという感じで、花(笑顔)の邪魔をしないように、遠慮がちにそれでもうまそうに並んでいるだけだ。

関連記事

トピックス

4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、事実上の現役続行宣言「芸術性も技術も」不利なルール変更に挑む覚悟
女性セブン
バンド活動がいちばん楽しいと語っていた綾野
東京五輪のない今年も?『オールドルーキー』など夏ドラマのスタートが早くなっている理由
NEWSポストセブン
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
松鳳山
人気力士・松鳳山「引退後は親方にならず退職」の裏に70歳再雇用と名跡不足の大問題
NEWSポストセブン
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
女性セブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン