• TOP
  • 芸能
  • 牧野ステテコ「3駅ぐらいは平気で歩く」すごい体力芸人ぶり

芸能

2019.10.01 16:00  NEWSポストセブン

牧野ステテコ「3駅ぐらいは平気で歩く」すごい体力芸人ぶり

赤い大きなリュックを背負ってひたすら歩いていたという牧野ステテコ

赤い大きなリュックを背負ってひたすら歩いていたという牧野ステテコ

 まだ蒸し暑さが残る9月中旬の深夜。東京・代官山のおしゃれスポットで、Tシャツにキャップ、グリーンのパンツにスニーカーというラフな格好をした女性が、一心不乱に歩を進めていた。女性お笑い芸人の牧野ステテコ(39)だ。背中には巨大な赤いリュックを背負っている。前傾姿勢で歩く姿は、登山を彷彿とさせる。

 牧野はしばらくしてコンビニに入ると、おにぎりなどを購入し、再び夜の東京を黙々と歩き始めた。

 牧野はタレント養成所を卒業後、2005年に芸能活動を開始。お笑いコンビ「マッキアイアイ」を経て、2006年からピン芸人として再出発した。特技が「謝罪」という苦労人の牧野は苦節12年、2017年の「女芸人No.1決定戦 THE W」で準優勝。“老け顔に貧相なボディー”でのセクシーかつ不思議なポールダンスを披露し、笑いを誘った。優勝したゆりやんレトリィバァには敗れたものの、この活躍で一躍、人気者の仲間入りを果たした彼女。給料も2400円から17万円へ、“70倍増”になったことをネタにしていた。

「実は牧野さん、その折れそうなボディーには似合わず、アウトドアなアクティブ派なんです。女芸人の野球チームにも所属していて、女性芸能人のフットサルチームではゴールキーパーを務めています。趣味はサイクリングや山登りで、NHK BS1のサイクリング番組『チャリダー☆坂バカ女子部』にも出演するほど。この前は番組で富士山の急坂を登る過酷なヒルクライムレースに挑戦しています。筋肉もあるし、かなり体は鍛えられています」(テレビ局関係者)

 それにしても、深夜の代官山でバックパックとは、どういうことなのか? 関係者は「仕事のためなのか、よく大きなリュックを背負って、3駅くらいなら平気で歩くようです。その日は40分ぐらいかけて自宅に帰ったそうです」と明かす。

 群雄割拠の女性芸人界に、新たなアスリート系芸人が現れた?

体力を武器にさらなるブレイクも期待される牧野ステテコ

体力を武器にさらなるブレイクも期待される牧野ステテコ

関連記事

トピックス