芸能

aiko、深夜24時半のハイタッチ 熱狂的ファンを生む魅力

ファンとの交流もばっちりこなすaiko

 デビュー21年目で、NHK紅白歌合戦に通算14回目の出演を果たした女性シンガー・ソングライターaiko(44)の、濃密なファンとの交流が目撃された。

 紅白歌合戦の半月ほど前の12月14日。場所は、2019年最後のライブが行われたZeep Tokyoだった。凍えるほど寒い中、30代OLのファンはうれしそうに語る。

「aikoさんの魅力は、共感できる歌詞と耳に心地いい柔らかい歌声、いまだに変わらないかわいさ、ファッションセンス……数えたら切りがないんですけど、何と言っても私たちファンにすごい気さくなんです!」

 この日の全国ライブハウスツアー『Love Like Rock vol.9』東京公演は、20時半に終演した。すると、ライブ会場裏では、スタッフが手慣れた様子で楽屋出入口を囲うように柵を立て始めた。30~40人ほど入れるスペースが設けられると、ライブを見終えたファンたちが続々と集まってきた。ここまでは、どのアーティストのライブ後にも見られる“出待ちファン”の光景。帰路につくアーティストの姿を少しでも目に焼き付けるためだ。

 ところが、aikoはいつまでたっても会場から出てこない。気づけば、時計の針は深夜24時を回り、終電も終わってしまった。それでも約40人のファンは、まだ帰らない。気温2度。24時半、ようやくaikoが出てきた。歓声が起こると、そのまま柵の前で立ち止まり、1人ずつとハイタッチを始めたのである。わずかな時間ではあったが、ファンと言葉を交わしながらプレゼントを受け取ると、送迎車の後部座席からも窓を開け、再びファンに声をかけ、手を振りながら、去っていった。

 ベテラン音楽関係者は、aikoの根強い人気について「彼女の恋愛ソングは、切ない歌詞なのにポップな曲調で聴く人に元気を与える。ただ、それだけじゃなくて、ファンとの距離が近いんですよ。ライブのステージからも、観客と会話するようにMCをしますし、何度も通うファンの顔はよく覚えています。ズバリ、親しみやすさです」と解説した。

 紅白歌合戦も2014年以降は連続出演が途切れていたが、2018年から2年連続で返り咲いた。歌唱曲は「カブトムシ」「花火」と約20年前のヒット曲だが、「熱狂的なファンを中心とした根強い人気と“国民的親しみやすさ”を、NHKが認めているからこそです」(同・音楽関係者)という。

 令和に入っても、体温の伝わるファンサービスが持つ魅力は不変のようだ。

去っていくときも笑顔

24時を過ぎてファンの前に姿を見せた

関連キーワード

関連記事

トピックス

「お芝居はまだ勉強中」と話す莉玖(写真は本人のインスタより)
【主演映画も決定】平野紫耀の弟・平野莉玖、デビューまでの道のり アパレル事業から俳優へ、伏せていた兄との関係を明かしたタイミング
女性セブン
ハワイの別荘と合わせて、真美子夫人との愛の巣には約40億円を投資
【12億円新居購入】大谷翔平、“水原一平騒動”で予想外の引っ越し 日系コミュニティーと距離を置き“利便性より静けさ”を重視か
女性セブン
「Number_iなんで出ないの?」『ZIP!』が番組表に「話題MV」記載も「出演ナシ」にファン困惑 日本テレビ・TOBEによる「緊急変更の正式回答」
「Number_iなんで出ないの?」『ZIP!』が番組表に「話題MV」記載も「出演ナシ」にファン困惑 日本テレビ・TOBEによる「緊急変更の正式回答」
NEWSポストセブン
復帰したほしのあき
《10年ぶり芸能界復帰のほしのあき》グラドル仲間のSNSうつり込みで密かに手応え感じた「復帰タイミング」
NEWSポストセブン
大牟田署に入る浪川総裁
《抗争で死者14名》敵対していた九州暴力団「道仁会」「浪川会」トップ2人が突然の引退 直撃に明かした「引退後の生活」
NEWSポストセブン
パルテノン神殿での佳子さま
ギリシャをご訪問の佳子さま、パルテノン神殿では青と白の“ギリシャカラー”のカジュアルな装いでお出まし
女性セブン
早くも今夏から『SHOGUN 将軍』新シーズンの脚本に取り掛かるという(写真/CNP=時事)
【独占告白】真田広之と手塚理美の次男・日南人が俳優に 父からのエール「自分のやりたいことをやれ。何かあれば相談に乗る」
女性セブン
不倫疑惑に巻き込まれた星野源(『GQ』HPより)とNHK林田アナ
《星野源と新垣結衣が生声否定》「ネカフェ生活」林田理沙アナが巻き込まれた“不倫疑惑”にNHKが沈黙を続ける理由 炎上翌日に行われた“聞き取り調査”
NEWSポストセブン
主犯の十枝内容疑者
【青森密閉殺人】会社社長の殺人を支えた元社員は覚醒剤常習者「目がイッちゃって…」「人を殺すなら中国人に頼めば5〜6万円で跡形もなく……」の意味深発言
NEWSポストセブン
殺人を犯すようには見えなかったという十枝内容疑者(Facebookより)
【青森密閉殺人】「俺の人生は終わった」残忍な犯行後にキャバクラに来店した主犯格の社長、女性キャストが感じた恐怖「怒ったり、喜んだり感情の起伏が…」近所で除雪手伝いの裏の顔
NEWSポストセブン
噺家生活15周年を迎えた月亭方正(撮影/小倉雄一郎)
「僕は居心地がよくなかった」 噺家生活15年・月亭方正が落語にのめり込んだ理由 立川志の輔に「『鼠穴』を教えてください」と直談判
NEWSポストセブン
杉咲花
【全文公開】杉咲花、『アンメット』で共演中の若葉竜也と熱愛 自宅から“時差出勤”、現場以外で会っていることは「公然の秘密」
女性セブン