国内

神田川に架かる橋から戦時の線路が出現 保存の道を模索中

第二次世界大戦中に廃止された都電の線路と敷石がアスファルトの下から出てきた

第二次世界大戦中に廃止された都電の線路と敷石がアスファルトの下から出てきた

 古くなった橋の改修工事を始めたら、第二次世界大戦中に廃止された路面電車の線路と石畳があらわれたとSNSで話題を集めている。場所はJR御茶ノ水駅の西側、千代田区と文京区にまたがるお茶の水橋だ。軍事用ではないため不要不急路線とされ廃止に追い込まれたものの奇跡的に残った路面電車の線路は、埋蔵文化財ではないため文化財保護法における保護の対象になっていない。貴重な歴史的資料の今後について、ライターの小川裕夫氏がレポートする。

 * * *
 鉄道を運行するためには運転士や駅員などの人件費、車両や線路、駅といった施設の維持費などが必要になる。そのため、未来の収益の見通しが立たなくなった路線は、公共交通機関としての役割をかんがみても廃止になることはあり、過去、いくつもの路線がそのような運命をたどってきた。

 利用者減少によってそのような決断に迫られた過去の経緯をたどると、マイカーの所有率が上がったことも一因としてあるが、鉄道会社にとって沿線人口の減少が経営を厳しくしている最大要因とされる。沿線人口の減少は、鉄道会社に苦渋の決断を迫っている。

 しかし、そうした経営的な判断とは別に、かつての日本では政府が半強制的に路線を廃止に追い込んだ過去がある。それが、1941年頃から段階的に進められた金属類回収令による戦時供出の結果としての廃止だ。

 日中戦争から太平洋戦争にかけて、資源の乏しい日本は銃や弾丸の製造に必要な鉄や銅などの不足に悩まされた。武器類が不足すれば、勝てる戦争も勝てなくなる。それだけに、政府や軍部は武器製造を最優先とし、国民がいたずらに鉄や銅などを消耗することを許さなかった。

関連記事

トピックス

「選挙に強い」後継者は?(時事通信フォト)
安倍晋三・元首相の後継者の条件 選挙に強く、“担がれやすい資質”を持つ政治家
週刊ポスト
デザインした服は多くの芸能人にも愛された三宅一生さん(写真は2001年、時事通信フォト)
イッセイミヤケ、芸能人にもファン多数 美輪明宏、楠田枝里子…愛された理由 
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
最近は工場勤務だった山上容疑者(中学生の頃の容疑者。卒業アルバムより)
山上徹也容疑者の母親は会見で何を語るのか 伯父の家を出て「大阪の支援者」のもとで過ごす今
NEWSポストセブン
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
語学力抜群の小島瑠璃子
小島瑠璃子が中国留学を発表 語学レベルは「北京・清華大学も射程圏内」の驚異
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
姉妹でCMギャラに差も?(左から広瀬アリス、広瀬すず/時事通信フォト)
広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由
週刊ポスト
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
起用でも二転三転が目立ち、ファンから戸惑いの声(時事通信フォト)
最下位低迷の中日 立浪和義監督の采配に「目指す野球の方向性が見えない」の指摘
NEWSポストセブン